当塾の指導で英文音読暗唱をおすすめする理由

当塾の指導で英文音読暗唱をおすすめする理由

当塾の英語指導で実践してもらう勉強法に次のような記述あります。

①英文をスラスラ言えるまで意味を込めて音読する
②英文を隠して音読暗唱する。

この記事では以上の勉強法を実践すべき理由を解説していきます。

インプットしたら必ずアウトプット!

勉強の中でインプットをしたあとにすぐアウトプットをすることで学習の定着率を高めることができます。数学の問題集などでは、理解したあとに解説を隠してもう一度解くことによってアウトプットをしています。

一方で、英文法問題集の選択肢問題などではもう一度解き直すと言っても答え自体を覚えてしまっていることが多く、あまり効果的ではない場合があります。英語教科書の本文和訳も同様に意味を覚えてしまっているため効果は薄いです。

そのような英語のミス問の復習ではもう一歩踏み込んで英文を数回音読、そして英文を隠して音読暗唱をすることをおすすめしています。

ただ、いきなり英文暗唱をしろといっても、コツを掴むまで時間がかかったり、丸暗記をしてしまったりします。当塾の指導では効果的な英文暗唱をできるようにするためのトレーニング方法を伝授し、しっかりトレーニング出来ているかを確認し、その都度勉強法をフォローしています。

その詳しい方法を以下で解説していきます。

①英文を意味を込めてスラスラ言えるまで音読する。

意味を込めて音読するための下準備として、まず和訳をしたあとにそれぞれの英単語とその意味を確認します。全ての単語の意味を把握した後に数回繰り返し音読していきましょう。

音読をする際には、発音に意味を込めることを意識してください。発音の正確さはここではあまり気にしなくても大丈夫です。

意味を込めて音読は意味と発音をつなげるトレーニングです。最初はゆっくり音読で構いませんが、意味を込めてスラスラ言えるまで音読練習を繰り返しましょう。

意味を込めて音読がスムーズに出来るようになると、英語を英語のままに理解できるようになり、英文を読むスピードも上がります。長文読解問題で時間が足りなくなってしまう人には特におすすめの勉強法です。

また、英文法、構文などを意識して意味を込めて音読することによって英文を前から順番に理解する癖がつき、英文を読み返すことも少なくなります。

②英文を隠して音読暗唱する。

英文を音読暗唱する理由は、アウトプットをしたいからです。頭のなかに一時的に英文をインプットし、英文を隠してアウトプットしてもらいます。

短い文章は音で覚えられるので簡単ですが、関係詞や接続詞、不定詞等が使われている長い文章では、英文の意味を頼りに発音していかなければなりません。

英文の意味を思い出しながら、対応する英単語をスピーディーに発音できるかの確認となります。

①音読をしっかり出来てないければ②暗唱はできないので、②暗唱を確認することで①音読をしっかりやっているかどうかがわかります。

当塾の旧勉強法では①音読を重視していましたが、①音読だけではただ流して音読するだけの作業となってしまう生徒が多いため、②暗唱確認を導入して①音読の成果を確認しています。

まとめ

1,アウトプットのために意味を込めて音読

2,意味を込めて音読すると直読直解できて英文を読むスピードが上がる。

3,暗唱することで意味を込めて音読できているか確認

The following two tabs change content below.
個別指導塾WAYS

個別指導塾WAYS

中だるみ中高一貫校生・高校生の定期テストの成績をたった90日で跳ね上げる個別指導塾。中高一貫校用教材に対応することで各中高一貫校の定期テストの点数に直結した指導を行います。低料金なので長時間指導が受けられるため、家で勉強できない中高一貫校生でも成績を上げることが出来ます。英語、数学をメインに指導を行っています。

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象

中だるみ中高一貫校生の英語の数学定期テスト対策コース 高校生定期テスト対策コース

今日の人気記事

新着記事

大船教室開校!2019年1月4日まで入塾金無料!
2018年9月10日より「英検」対策講座開始!
吉祥寺第2教室開校!2018年11月15日まで入塾金無料!
獨協中学校2年生―反復演習と学習リズム形成で成績アップ!
学習院中等科2年生―効率の良い勉強方法を身につけて成績アップ!
東洋英和女学院中学部3年生―単語の暗記で英語の成績大幅アップ!
成城高校3年生―「できる」問題を増やすルールを徹底して成績アップ!
成城中学校2年生―問題集を繰り返し解くことで成績アップ!
本郷中学校2年生―勉強習慣を身につけて成績アップ!
都立文京高校2年生―演習量の確保と勉強習慣の見直しで成績アップ!

2016年04月12日