大学受験にゲームは禁止すべき?勉強への影響と両立できる工夫6選


「受験生ならゲームをやめるべき?」
「ゲームを続けていたら受験に失敗するのだろうか」

受験生なのにゲームが好きで不安に思っている人はいませんか?
たしかにゲームをする人としない人とでは、勉強時間に差が出るかもしれません。

しかし、息抜きをせずに勉強ばかりしていても、ストレスが溜まりモチベーションの低下につながりやすくなるでしょう。

そこでこの記事では、大学受験においてゲームをしすぎるとどうなるか、果たして禁止すべきか、おすすめの工夫6選をご紹介します。

受験勉強に取り組みながら、ゲームで息抜きしたい方は、ぜひ参考にしてください。

【大学受験】ゲームばかりしているとどうなる?デメリット4選

大学受験をひかえてはいるもののゲームばかりしているとどうなるか、デメリットをご紹介します。

勉強時間がとれないため受験に失敗しかねない

ゲームの時間が長いと当然、勉強の時間はとれなくなります。

周りの受験生と差がつき、成績が上がらない可能性も出てくるでしょう。
その結果、受験に失敗してしまうという事態になりかねません。

睡眠不足など生活リズムがくずれる

ゲームが楽しくてなかなかやめられないと、睡眠不足になることも。
寝る時間を削ってでもゲームがしたいのは、いわゆる依存の状態に陥っている可能性があります。

ゲームのしすぎで寝る時間が遅くなる、ご飯を食べる時間がない場合、生活リズムがくずれているのです。
不規則な生活リズムは、体だけでなく心の健康にも大きな影響を及ぼすでしょう。
しだいに体調不良となり、受験どころではなくなるかもしれません。

集中力がなくなる

いざ勉強を始めても、ゲームのことで頭がいっぱいでは集中できませんよね。

長時間ゲームをすると、脳内では快楽物質であるドーパミンが過剰に分泌されます。過剰な分泌が続くと、次第にドーパミンに対する感受性が低下し、やる気や集中力が下がるといわれています。

集中力が低下すると人の話を十分聞くことができなくなり、コミュニケーションに問題が生じることも。
学校や塾の先生の説明すら聞けなくなっては本末転倒です。

目や肩に負担がかかる

ゲームのしすぎは、目や肩へ負担がかかり体調をくずす原因になります。

長時間ゲーム機の画面にくぎ付けだと、まばたきの回数が減り目への負担が大きくなります。
また、長時間同じ姿勢だと肩にも負担がかかり、血液の循環が悪くなることも。

【大学受験】失敗したくなければゲームを禁止すべき?

ゲームのしすぎは、受験に失敗するリスクがあるうえ、体や心にも影響があることが分かりました。
では、大学受験のためにゲームを禁止すべきなのでしょうか。

答えは「いいえ」です。
受験勉強と上手に付き合えるのなら、ゲームを禁止する必要はありません。

ゲームが好きな人にとって、ゲームの時間は一日の中でも楽しみでもあり至福のとき。
好きなものを奪われたらつまらないですし、人によってはかなりつらい状況になります。

受験生には適度な息抜きも必要です。

ゲームをすることで「楽しい」「この単元が終わったらゲームができる」と気分転換でき、モチベーションアップにつながるはず。受験勉強によるストレスをゲームで発散できるのなら効率的といえるでしょう。

【大学受験】ゲームと勉強が両立できるおすすめの工夫6選

それでは、大学受験の勉強とゲームを両立するには一体どうしたらよいのでしょうか。
ここでは、ゲームと勉強を両立できる具体的な工夫を6つご紹介します。

ぜひ試してみてください。

時間を決める

ゲームをするときは時間を決めましょう。
何といってもこれに勝るものはありません。

「ゲームは勉強の休憩時間に30分だけ」など、具体的に決めておくことが大切です。
ゲームによっては時間制限の機能が付いている便利なものがあるため、自分でアラームを設定しておくのもよいでしょう。

また、常に親にゲームを預けて時間になったら受け取るなど、家族に協力してもらうのも一つの方法です。

場所を決める

「ゲームをするのはリビングだけ」など、場所をあらかじめ決めておくのもよい方法です。

勉強する部屋にはゲームを置かず別の部屋に置いておくことで、オンオフのメリハリがつきます。

ゲームをする場所でおすすめなのはリビング。
家族がそろうリビングは、自分以外の目があるため時間の管理がしやすいでしょう。
スマホではなく、あえて家庭用ゲーム機をテレビにつないでおくのもおすすめです。

オフラインで使う

大学受験に向けて、ゲームはオフラインで使うのも一手です。

オンラインの場合、その時間しかできないゲームや友達と約束して対戦するといった誘惑がたくさんあります。
そのため、楽しくなってゲームが長時間なってしまうことも。

「オフラインのゲームだけ」と決めて、自分のペースに合わせて適度に楽しむとよいでしょう。

生活リズムをくずさない

食事や入浴の時間を削ってまでゲームをするのは、生活リズムを乱すことにつながります。

休憩時間にゲームをするなど、生活リズムをくずさないように一日のスケジュール内でゲームを取り入れるのが大切です。

関連記事
大学受験は生活習慣を整えた者が勝つ!合格するための7つの方法

自宅以外の場所で勉強する

自宅にゲームがあることで気が散ってしまうのであれば、極力ゲームから離れる環境をつくるのもおすすめ。

できる限り学校にとどまり宿題を済ませてくる・塾の自習室を利用して勉強するなど、誘惑が近くにない環境に身を置いてみるのもよい方法でしょう。

ゲーム感覚でできる勉強アプリを利用する

ジャンルを問わずゲーム全般が好きなら、勉強アプリを活用してゲーム感覚で楽しむのもおすすめです。

勉強アプリは楽しく学べるのがメリット。
ただし、勉強アプリをメインにするのではなく、あくまで毎日の勉強の補助として活用しましょう。

関連記事
大学受験に向けてアプリを上手に活用しよう!種類やおすすめのツールもご紹介

いっそのこと「大学受験」というゲームをクリアしてみよう

ゲームが好きなら、いっそのこと大学受験をゲームに見立ててみませんか。

課題を一つずつクリアして最後にボスを倒す工程は、ゲームも受験勉強も一緒です。

ゲームでいう課金は、毎日の勉強の積み重ねと考えれば、勉強すればするほど知識がつき最強になれるはず。
最後は、最強になった自分が「難問」または「怠けたい自分」というボスを倒し無事にクリア!

最高のゲームだと思いませんか。
ゲームを好きなことが、受験に成功するきっかけになったら嬉しいですよね。

まとめ

大学受験だからといってゲームを禁止する必要はありません。

ゲームのしすぎは体や心に悪影響を及ぼしますが、適度に取り入れるのは決してデメリットだけではないからです。

適度なゲームは、受験の息抜きやストレス発散になるほか、モチベーションアップにつながるでしょう。
生活リズムをくずさない程度に工夫しながらゲームと付き合うことで、受験勉強との両立が実現できます。

受験勉強を効率よく進めながら、時間を決めてゲームで息抜きできたら最高ですね。

The following two tabs change content below.
アバター画像

中高一貫校専門 個別指導塾WAYS 編集部

中高一貫校生の定期テスト対策から大学受験・内部進学までをトータルサポートする個別指導塾。 中高一貫校用教材に対応することで各中高一貫校の定期テストの点数に直結した指導を行います。 低料金で長時間指導が受けられるため、家で勉強できない中高一貫校生でも塾の指導時間内で成績を上げることが可能です。 英語、数学をメインに指導を行っています。

関連記事

中高一貫校生のための
スペシャルな情報をお届け!

中高一貫校生の知りたいを毎週お届けします!

中高一貫校生の「定期テスト対策」や「内部進学対策」、「大学受験対策」まで幅広く網羅した”スペシャル”な情報を毎週お届けします!
他にも、ブログではお伝えしきれないコアな内容もご紹介いたします!

LINE友だち追加する
中高一貫校生必見!最短で成績下位層から抜け出す方法

450校以上の中高一貫校生を指導してきたWAYSのノウハウをご紹介!定期テストの対策はもちろん、内部進学から大学受験まで、他では手に入らないここだけのお得な情報を詰め込んだ資料をお届けいたします。

資料をダウンロードする
まずは無料の学習相談へお気軽にご参加ください

無料学習相談では、中高一貫教育のプロがそれぞれの生徒さんの要望に寄り添って学習プランをご提案いたします。
他塾では思うように成績が伸びなかった生徒も、WAYSでは最適な解決策を見つけられる可能性がございます!

学習相談に参加する

サービス紹介