大学受験に向けた効果的な英語の勉強法|効率アップのコツもご紹介

大学受験に向けた効果的な英語の勉強法|効率アップのコツもご紹介
英語学習は、大学受験成功のカギを握るといっても過言ではありません。

しかし、英語に対して苦手意識が強い方もいるのではないでしょうか。
受験勉強は時間が限られているため、必要な箇所にポイントを絞り、効率よく学ぶことが大切です。

そこで今回は、大学受験に向けた効果的な英語の勉強法をご紹介します。
さらに、効率よく英語力を身につけるポイントもまとめました。

何から手をつけてよいのか分からない
英語の点数に伸び悩んでいる
このように英語の勉強法に困っている方は、ぜひ参考にしてください。

大学受験の英語学習で重要な3つの要素

大学受験に向けた英語学習で重要となる要素は、以下の3つです。

  • 英単語
  • 文法
  • 長文読解

他にも、熟語・構文・リスニングなどの勉強も必要ですが、まずは上記3つの要素をバランスよく学び、対策することがポイントです。
どれか1つだけを勉強しても、他が欠けていては点数もなかなか伸びません。

また、学習する順番も大切です。
大学受験の英語では長文読解の問題が必ず出題されますが、それを読み解くには多くの英単語を身につけ、文法を理解することが必要不可欠です。

英語の基礎知識を増やすことで、英文解釈や長文読解の学習がスムーズに進むでしょう。
それぞれの学習方法をご紹介します。

英単語

英単語の勉強法で重要なポイントは「長期的な勉強スケジュールを立てること」です。
単語は一朝一夕で身につけるのは難しく、繰り返し暗記する必要があります。

そのためスキマ時間を上手く活用し、毎日必ず単語学習の時間を作ることを意識しましょう。
決まった時間で勉強するように、ルーティン化するのも効果的です。
例えば「通学時間は単語学習を行う」「寝る前の30分単語カードで暗記する」のように決め、毎日続けることが大切です。

覚え方は、単語カード・書き取り・音読など、自分のやりやすい方法を選択すると長続きします。
また、単語帳は何冊も購入する必要はありません
1つの単語帳を繰り返し暗記し、時間を空けても忘れないようになるまで同じものを使いましょう。

単語勉強法を詳しく知りたい方は、以下の記事も併せて参考にしてください。

関連

【大学受験・英語】必要単語数は5000語以上!?単語帳でカバーできるのか徹底解説

文法

英文解釈や長文読解で必須となる知識は「文法」です。
文法は基礎からしっかりと学ぶことが大切です。
まずは法則や仕組みに慣れ、簡単な例文に触れながら体系的に学びましょう。

実際に文章を作り、声に出して読んでみるのも効果的です。
他人に説明できるようになれば、理解できている証拠です。
友達や家族に、文法の仕組みを説明できるか試してみましょう。

詳しい英文法の勉強法は、以下の記事でも解説しています。

関連

【大学受験】英文法の勉強法を知りたいあなたに!おすすめの方法と参考書

長文読解

長文読解は、今まで学習した単語や文法、他にも熟語や構文などの知識も必要です。
ある程度英文解釈ができれば、スムーズに読み進められます。
いきなり長文読解が難しい場合は、英文解釈から勉強してみましょう。

長文を読み解く際、以下の点を意識すると効果的です。

  • 文や段落を分ける
  • 句や節のまとまりを把握する
  • 名詞や動詞などの品詞を理解する
  • 単語や全体の意味を把握する

また、長文読解の場合、すべての文章を訳しながら解読すると時間がかかります。
英語のまま理解できるようになると、全体のイメージがつかみやすく、読むスピードもあがります。

詳しい勉強法を知りたい方は、以下の記事も併せて参考にしてください。

関連

【大学受験】英語長文が苦手なのは2つの原因のせい⁉解決の裏ワザを紹介

効率のよい英語勉強法

次は、効率のよい英語の勉強法をご紹介します。

受験勉強は時間が限られているため、効率よく学ぶことが受験を成功させるポイントです。

スキマ時間を有効活用する

英単語の習得などには、スキマ時間を活用しましょう。
通学中やお風呂の中、寝る前の30分など短い時間でも、やるのとやらないのでは大きな差が生まれます。

また、勉強する時間帯も重要です。
英単語などの暗記学習には、夜が適しています。
とくに就寝1時間前に学んだ知識は、寝ている間に記憶として残りやすいとされています。
一方朝は、頭の中の情報が整理されスッキリした気分で勉強ができ、はかどるでしょう。

朝と夜を使い分けると、効率よく学習が進みます。

受験勉強は時間で区切る

これは英語に限らず受験勉強全般にいえることですが、時間で区切って学習すると効率的といわれています。

例えば「この問題集のここまで終わったら寝る」というスケジュールを立てると、それが終わるまで寝られなくなってしまいます。
「1時間勉強したら10分休憩する」など、時間で区切るようにするとメリハリある生活が送れ、モチベーションの維持にもつながるでしょう。

また、眠い中勉強するのは効率が悪いとされています。
眠い場合は思い切って寝てしまい、その分朝早く起きて勉強しましょう。

スケジュールや目標は可能な範囲で立てる

勉強スケジュールや目標は、達成可能な範囲で立てることがポイントです。

受験勉強は長期戦となるため、モチベーションを維持することが大切です。
なかなか達成できない目標や、無理のあるスケジュールだとやる気が減退し、モチベーション低下の原因になりかねません。

ひとつずつクリアしていくことで達成感を得られ、やる気アップにつながるでしょう。

アウトプットを意識する

学習した内容を英語力として身につけるには、アウトプットを意識するとよいでしょう。

具体的には、英文を声に出して読む・誰かと英語で話す・誰かに英語を教えるなどが効果的です。
SNSを活用し、英語で情報を発信してみてもよいかもしれません。

アウトプットすることで知識が記憶として残りやすくなり、頭の中で情報が整理されるなどのメリットがあります。

まとめ

大学受験の英語対策は、英単語・文法・長文読解に重点を置き勉強しましょう。

それぞれの勉強法を意識して、効率よく学習を進めることが大切です。
スキマ時間を上手く活用しながら、コツコツと知識を積み重ねましょう。

なかなか受験勉強がはかどらない、どのように勉強したらよいのか分からない方には「中高一貫校専門個別指導塾WAYS」がおすすめです。
大学受験コース」では個別のカリキュラムを提供してくれるため、自分に合った学習方法で効率的に勉強を進められます。
苦手科目もしっかり克服でき、最短ルートにて志望校合格が目指せます。

自分に合った勉強法が知りたい、効率的に学習したい方は、ぜひ「個別指導塾WAYS」にお問い合わせください。

学習相談 Web予約

投稿者プロフィール

アバター画像
中高一貫校専門 個別指導塾WAYS 編集部
中高一貫校生の定期テスト対策から大学受験・内部進学までをトータルサポートする個別指導塾。
中高一貫校用教材に対応することで各中高一貫校の定期テストの点数に直結した指導を行います。
低料金で長時間指導が受けられるため、家で勉強できない中高一貫校生でも塾の指導時間内で成績を上げることが可能です。
英語、数学をメインに指導を行っています。

関連記事

中高一貫校生のための
スペシャルな情報をお届け!

中高一貫校生の知りたいを毎週お届けします!

中高一貫校生の「定期テスト対策」や「内部進学対策」、「大学受験対策」まで幅広く網羅した”スペシャル”な情報を毎週お届けします!
他にも、ブログではお伝えしきれないコアな内容もご紹介いたします!

LINE友だち追加する
中高一貫校生必見!最短で成績下位層から抜け出す方法

450校以上の中高一貫校生を指導してきたWAYSのノウハウをご紹介!定期テストの対策はもちろん、内部進学から大学受験まで、他では手に入らないここだけのお得な情報を詰め込んだ資料をお届けいたします。

資料をダウンロードする
まずは無料の学習相談へお気軽にご参加ください

無料学習相談では、中高一貫教育のプロがそれぞれの生徒さんの要望に寄り添って学習プランをご提案いたします。
他塾では思うように成績が伸びなかった生徒も、WAYSでは最適な解決策を見つけられる可能性がございます!

学習相談に参加する

サービス紹介