早稲田高校1年生―周回教材を4、5周して成績アップ!

早稲田高校の成績アップ事例を紹介します。

この生徒は中学3年の7月に入塾しました。入塾前の1学期期末テストでは、数学(幾何)が31点、という状況でした。

しかし、入塾から3ヶ月間、当塾で学習していくことで、次の2学期中間テストでは数学(幾何)が80点と、大きく成績をアップすることができました。
高校生になった今でも、継続して高得点を取り続けています。

なぜ成績が大幅に上がったのでしょうか? その理由をお伝えします。

入塾時の学習状況

WAYSへ入塾以前は、テスト前の勉強はほとんどしていない状況でした。
授業や宿題で一度問題を解いているのだから、また同じ問題を解く必要はないだろうと考えて、テスト前にテスト対策の学習をしっかりとは行っていなかったようです。

学校の授業や宿題である程度は理解できていると思って受けたテストでしたが、結果が返ってくると、まさかの赤点でした。

このままではマズイとさすがに危機感を持ったようです。
そこからWAYSへ入塾を決意しました。

WAYSで周回教材に取り組む

入塾後は数学を中心に、教材の演習に取り組みました。
『フォーカスゴールド』をテスト前までに3周解き、内容理解を定着させました。

またWAYSでは英語・数学の指導を受講していましたが、自宅でもWAYSで身に着けた勉強方法を使って他科目も勉強するようになったようです。
せっかく3周したのだから点数を上げたい、他科目も上げたい、とモチベーションアップにもつながったみたいです。

周回教材を4,5周して成績大幅アップ!

指導の結果、幾何のテストは31点から80点へ大幅アップ!
その後も順調に各科目点数が伸びていきました。
高校生になった今でも、英語・数学ともに80点台後半という高得点を出しています。

定期テストでの点数アップはもちろんですが、点数が上がったことによって評定も大幅アップし、中学2年生1学期では平均評定4.9だったのが現在では7.8までアップしました。

成績アップの要因としては周回教材を何度もやり込んだことです。
入塾当初はテストまでに3周解くことで精一杯でしたが、学習習慣がついてくると4周5周と解くようになりました。

各科目の教材を何度も解くことで知識の定着、理解の定着につながり、点数アップという理想的な成果の出方となりました。

今後の目標

今後の目標としては、定期テストでより高得点をとること、平均評定8.0をとることを掲げています。

そのためにも今までの勉強法を続けると同時に、行事等で忙しくなる時期には、時間効率の良さも考えていきたいと意気込んでいます。

大学進学に向けて、希望する学部へと進めるように頑張ります、と長期的な目標も視野に入れて日々の学習に取り組んでいます。

個別指導塾WAYSでは、このような自宅での学習習慣がなかった生徒が多く入塾します。
そして、WAYSで正しい勉強法を徹底することで成績を上げていっています。
学校の成績でお悩みの方は、是非ともお問い合わせください!

The following two tabs change content below.
橋本知加良

橋本知加良

東京大学大学院新領域創成科学科修了。専攻は環境学。 趣味は筋トレ、ポケモンGOなど暇があれば体を動かしている。

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象

中だるみ中高一貫校生の英語の数学定期テスト対策コース 高校生定期テスト対策コース 大学受験準備コース 大学受験コース

今日の人気記事

新着記事

勉強のやる気を上げるたった1つの方法!
学習院女子高等科から大学へ内部進学するために必要な成績は?
早稲田実業で大学に内部進学するには?
数学で得点力アップのためにやるべきこととは?
日大豊山高校2年生ー効率的な勉強を行うとともに、勉強時間を増やすことで成績アップ
学習院中等科1年ー効率よく学習して、短期間で成績アップ
カリタス女子中学2年 ー「解き直しの徹底」と「演習量を増やすこと」で成績アップ!
京華高校2年生―こまめな復習で成績アップ!
大学受験コース 説明会・個別相談会開催のお知らせ
早稲田高校2年生―解説を読み込んで成績アップ!

2020年03月24日