城北中学校2年生―間違えた問題の徹底復習と3周繰り返すことで成績アップ!

城北中学校の成績アップ事例を紹介します。

この生徒は中学2年の6月に入塾しました。入塾前の1学期中間テストでは、英語が38点、代数が28点、幾何が50点という状況でした。

しかし、入塾から8ヶ月間、当塾で学習していくことで、3学期期末テストでは英語が74点、代数が92点、幾何が67点と大きく成績をアップすることができました。

なぜ成績が大幅に上がったのでしょうか?その理由をお伝えします。

入塾時の学習状況

この生徒は、入塾する前、家で宿題をやりっぱなしで解き直しを一切しなかったそうです。間違えた問題の解き直しをしないため、わからなかった部分が放置されていました。また、テスト範囲を1周しか学習しないため、テスト範囲の問題を把握しているかも非常に怪しい状況でした。

生徒自身は、この状況ではテストで点数を上げることが困難だとわかっておらず、どうしたら良いかわからなかったようです。

解き直しと何回も繰り返し解くこと

WAYSでは、勉強の方法を1つ1つ丁寧に伝えました。間違えた問題を解き直さなければ、今より力は伸びません。まずは、『体系数学問題集』の間違えた問題を解き直してもらい、わからない問題をそのままにしないようにしました。

また、細かく学習計画を立て、数学の『体系数学問題集』と英語の『新中学問題集』を徹底して3周解きました。ポイントは、授業範囲までの学習を遅れないペースで行うことです。

間違えた問題の徹底復習と3周繰り返すことで成績アップ!

学習の結果、入塾から8ヶ月間で、英語が38点から74点、代数が28点から92点、幾何が50点から67点と大幅に成績をアップすることができました。成績を大幅にアップすることができた理由は以下2点だと思います。

・間違えた問題の復習を徹底すること
・学習計画を立てて問題集を3周終えること

これら2点をしっかり行ったことにより、テストでいつも通り解答することができたそうです。

今後の目標

今後の目標は、学校ではもう少しで1つ上のクラスに移動することができるため、今の点数を維持しつつ、あと少し点数を伸ばすことです。現状に満足せず、さらに上のクラスを目指していく姿勢が非常に素晴らしいと思います。

個別指導塾WAYSでは、このように間違いを直さずに宿題をやりっぱなしにしているような生徒が多く入塾します。そして、間違えた問題を理解して解き直し、3周繰り返すことで成績を上げていっています。

学校の成績でお悩みの方は、是非ともお問い合わせください!

The following two tabs change content below.
林昌宏

林昌宏

個別指導塾WAYS 池袋教室講師。京都大学工学部卒業。自立学習を促すことを意識し、日々の授業に取り組む。趣味は食べ歩きと麻雀。

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象

中だるみ中高一貫校生の英語の数学定期テスト対策コース 高校生定期テスト対策コース

今日の人気記事

新着記事

淑徳巣鴨中学3年生―「なぜそうなるか」の質問を繰り返して成績アップ!
浅野中学校1年生―結果の出る暗記方法を実践して成績アップ!
城北中学校2年生―間違えた問題の徹底復習と3周繰り返すことで成績アップ!
2019年7月22日より夏期講習スタート!
高輪中学校3年生―類題を繰り返し解くことで成績アップ!
早稲田高校1年生―学習習慣の形成で成績アップ!
成城中学1年生―テストまでの学習計画作成で成績アップ!
日本大学豊山高等学校1年生―わからない問題をその場で解決して成績アップ!
大妻中学校3年生―わからない問題を繰り返し解き直すことで成績アップ!
実践女子学園高校1年生―質問と演習の徹底で成績アップ!

2019年06月21日