海城高校1年生―計画的に学習を進めて成績アップ!

海城高校の成績アップ事例を紹介します。

この生徒は中学3年の2月に入塾し、4月から数学の学習を開始しました。入塾前の3学期期末テストでは、数学Aが23点といった状況でした。

しかし、数学の指導を開始してから2ヶ月間、当塾で学習していくことで、次の高校1年の1学期中間テストでは数学Aが86点と大きく成績をアップすることができました。

なぜ成績が大幅に上がったのでしょうか? その理由をお伝えします。

入塾時の学習状況

この生徒は入塾時、学習に対して消極的で、そもそも学習習慣がない状態でした。テストが近づくと短期間で詰め込み、付け焼き刃でテストに臨むという状況でした。

しかし、海城高校は学習の進度も早く、求められる知識や学力も高いです。そのため付け焼き刃の知識ではなかなか対応することが難しく、思うような点数が取れなかったそうです。

講師と学習プランを立てながら計画的に学習

そこで、WAYSで講師と一緒に次回のテストまでの計画を立て、通常期から次回のテストに向けて学習を進めました。また弊社開発の学習アプリを用いることで、より計画的に学習を進めていくことができました。

目標となるゴールが明確になったためにモチベーションが上がり、次第に学習に対して意欲的に取り組むようになっていきました。

学習範囲を網羅して、できない分野を明確化したために成績アップ

今回、計画的に学習をおこなうことができたため、テスト期間までにしっかりとテスト範囲の学習を終わらせることができました。また、全体を通してわからない分野や、苦手な分野を重点的に解き直すことができました。

そして、テストに臨む際に学校指定教材:『システム数学』に関して、わからない問題がほぼない状態でテストに臨むことができました。それにより、23点から86点と63点の大幅な成績アップを遂げることができました。

テストでは学校指定教材の類題が出てくることがほとんどなので、「その問題集を徹底的に対策してテストに臨む」という姿勢が重要です。それができたことが今回の成績アップにつながったのだと思います。

今後の目標

この生徒の今後の目標は、「ひとまず上がった成績を維持していくこと」だそうです。そして、今回の大幅な点数アップに自信をもったようで、「数学を武器にできる得意科目にしていきたい」と話してくれました。

そのために、次回以降のテスト範囲に関しても「わからない問題がない状態に近づけていきたい」とのことでした。

 

個別指導塾WAYSでは、このようなテスト直前の付け焼き刃でテストに臨む生徒が多く入塾します。入塾後は、計画的に学習プランを立てテストに臨むことで成績を上げていっています。

学校の成績でお悩みの方は、是非ともお問い合わせください!

The following two tabs change content below.
原 章

原 章

個別指導塾WAYS 高田馬場教室 講師 北海道で生まれて北の大地でのびのび育つ。異業種で働いていたが自分が一番やりたい仕事は教育業界だと一念発起し塾講師として就職を決意。本質を理解させていく事に重点を置き、問題を大局的に捉え、ロジカルに考えて処理する能力をすべての生徒に身に付けさせる事が現在の目標です。

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象

中だるみ中高一貫校生の英語の数学定期テスト対策コース 高校生定期テスト対策コース

今日の人気記事

新着記事

八雲学園中学校2年生―問題の解き直しを繰り返すことで成績アップ!
学習院中等科3年生―学校の教材だけを徹底反復して成績アップ!
桐朋中学校2年生ー勉強の習慣づけで点数アップ!
山脇学園中学校2年生―問題集を繰り返し解くことで成績アップ!
三輪田学園高等学校1年生―春期講習で基礎を固めて1学期中間で成績アップ!
桐朋高校1年生―演習時間の確保と勉強効率を上げることで成績アップ!
立教新座中学校2年生―計画的に問題集に取り組んで成績アップ!
早稲田大学高等学院中学部2年生―講師が生徒の理解度を確認し成績アップ!
立川国際中等教育学校3年生―計画を立てて勉強を進めることで成績アップ!
光塩女子学院中等科2年生―問題を選定して効率よく学習することで成績アップ!

2018年06月09日