【中高一貫校教材】NEW TREASUREの構成と対策

教材の構成

元々中高一貫校の授業進度は速いと言われております。
では今回取り上げた『NEW TREASURE』という教材はどの学年でどれだけの文法事項を扱っているかご存じでしょうか。
教科書2冊分(STAGE1,2)で公立中学校で習う3年間分の文法事項を全て扱っています。
1年1冊のペースで進めている学校では公立中学の1.5倍のスピードで進んでいることになります。
それ以上のペースで進めている場合はもっと差がついていきます。どれだけ授業進度が速いかが伺えますね。

学校の授業の進め方

旧来は兎にも角にも文法から、という指導方針でしたが、現在はより使える英語を身に付けるために文章の中から文法を学ぶスタイルの授業が増えてきております。
ルールを細かく覚えるというよりも実際に出てきた文章を覚えて、その中でルールを確認していくような授業を進めている学校も多いのではないでしょうか。そのため、出てきた文法がどのようなルールかについては生徒自身が詳しく確認していく必要が出てきます。

よく聞くお悩み

英検などはそれなりに合格するが、中々テストの点数にはつながらない、基本的な文法が全く理解できていないなどのお悩みをよく伺います。そうなる原因としては上記の進め方の違いから起こる場合もございます。
自分が学んでいた時と学び方が変わっている可能性がある事をご理解ください。
また、英検合格に向けてとテストの点数アップでは力を入れるべき内容も変わってきます。
では、テストの点数を上げるにはどうすればよいのでしょうか。

テスト対策について

実際のテストでは文法事項がどれだけ理解できているかを問われる場合が多いです。
『NEW TREASURE文法問題集』をセットで使っている学校がほとんどだと思います。
まずは問題集の内容を確実に理解しておくことが重要です。
各レッスンの初めに単元で扱われている文法のルールがまとめられています。
どのようなルールかを理解した上で問題に取り組むことが点数アップのコツです。
もちろん1回では理解できない部分や忘れてしまう部分が出てくるので繰り返し演習は必須と言えます。
一人ではなかなか難しいと感じるかもしれませんが、WAYSでは文法の理解や繰り返し演習を授業で取り組ませております。

個別指導塾WAYSでは、英語に対して苦手意識を持たれている生徒が多く入塾します。そして、正しいテスト対策をすすめることで成績を上げていっています。学校の成績でお悩みの方は、是非ともお問い合わせください!

The following two tabs change content below.
木村悠

木村悠

明治大学理工学部出身。学びの中で常に「なんで」を考える習慣を身に付けさせるべく日々奮闘中。趣味は数学、ジグソーパズル、数独、スキー

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象

中だるみ中高一貫校生の英語数学理科定期テスト対策コース 高校生定期テスト対策コース 大学受験準備コース 大学受験コース

あなたにぴったりな記事10選

今日の人気記事

新着記事

2021年04月20日 浅野中学校3年生―3周ルールを徹底し、意識改革することで成績アップ! 2021年04月16日 早稲田高等学校1年生―計画的な学習で成績アップ! 2021年04月13日 高輪中学校3年生―勉強の意味を生徒に意識させ、実践させることで成績アップ! 2021年04月09日 大妻中学校2年生―季節講習で基礎知識を復習し直して成績アップ! 2021年04月09日 春のスタートダッシュキャンペーンのお知らせ 2021年04月06日 本郷高校1年生―学校配布問題集の徹底演習で成績アップ! 2021年03月26日 関東学院六浦中2年生―理解からの繰り返し練習で計算力をつけて成績アップ! 2021年03月26日 自宅でスマホを使ってできる!4月から中高一貫校主要教材対応の学習コンテンツのサービス開始! 2021年03月23日 東洋大学京北高校1年生―余裕を持った学習で成績アップ! 2021年03月19日 学習院中等科1年生ー重要プリントを3周解いて成績アップ!

2020年05月08日