京華高校1年生―定期テストまでの勉強スケジュールを立てることで成績アップ!

京華高校の成績アップ事例を紹介します。

この生徒は、中3の3学期期末テストで英語aが45点、英語bが40点、代数が37点、幾何が20点という状況でした。

しかし、当塾で学習していくことで、次の高1の1学期中間テストでは英語表現が65点、コミュニケーション英語が76点、数学1が66点、数学Aが72点と、大きく成績をアップすることができました。

なぜ成績が大幅に上がったのでしょうか? その理由をお伝えします。

入塾時の勉強方法

京華中学・高校のテストでは、学校で使用している問題集の中から宿題として出されたものが出題されることが多いです。例えば、数学では問題集から数字を変えただけの問題も出題されていました。

この生徒は自宅学習が上手くできず、勉強時間が不足していました。勉強の方法が分からず、できないことがどんどん積み上がっていってしまうため、勉強へのモチベーションを上げにくい状態でした。そのため、まずは学習意欲を上げていく指導が必要でした。

しっかり解けた場合には生徒を褒める

そこで、当塾では勉強への意欲を高めるために、しっかり解けた場合には生徒を褒めることに尽力しました。いつも叱られてばかりでは、勉強への意欲がますますなくなってしまうからです。

その結果、徐々に「自分はやればできる」という気持ちが生徒の中に芽生えていったようです。実際に、公式をノートに書いて覚えたり、自ら進んで講師に質問したりと積極性が見られるようになりました。

定期テストまでの勉強スケジュールを立てることで成績アップ!

勉強への意欲は出てきましたが、新たに「定期テストに向けて、どの教科をどのタイミングで復習すればよいのかが分からない」という問題が浮上しました。

解決策として、定期テストに向けた勉強スケジュール表を作成し、そのスケジュールどおり勉強するように指示をしました。

テスト範囲全体の復習はテスト2週間前から開始としました。テスト1週間前からは、数学のワークの解き直し・英単語の暗記・英文法問題の解き直しを徹底的に行いました。塾が休みの時もスケジュールどおり勉強をしてくれたようで、自ら喜んでテスト結果を報告してくれました。

今後の目標

英語と数学の成績が上がったので、まずはその点数を維持することが目標です。そのためにも、勉強への意欲を持続させることを徹底します。また、今後は英数以外の科目でも点数を上げられるように、全教科での底上げが必要です。

個別指導塾WAYSでは、このような勉強習慣が身についていない生徒が多く在籍し、勉強への意欲を高めることで成績を上げていっています。学校の成績でお悩みの方は、是非ともお問い合わせください!

The following two tabs change content below.
中津川郁也

中津川郁也

個別指導塾WAYS 南浦和教室 室長 宇都宮大学教育学部卒 専攻教科は英語。 生徒の立場に立って、丁寧な説明を行うことをモットーとしている。 社会人になってからバンド活動を開始。担当はベース。

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象

中だるみ中高一貫校生の英語の数学定期テスト対策コース 高校生定期テスト対策コース

今日の人気記事

新着記事

帝京大学中学校2年生―効率の良い勉強サイクルを継続することで成績アップ!
三輪田学園中学校2年生―学習環境の改善で成績アップ!
東亜学園高校1年生―WAYSの勉強法を実践し成績アップ!
慶應義塾中等部3年生―解き直しの徹底で成績アップ!
学習院中等科1年生―学習習慣の定着で成績アップ!
成城中学校3年生―効率よく、そして問題集をしっかり解きこむことで成績アップ!
光塩女子学院中等科3年生―丁寧に解き直しを行うことで成績アップ!
獨協高校1年生―薄く広く基礎を復習することで成績アップ!
成城中学校1年生―勉強量の確保と短期目標の積み重ねで成績アップ!
攻玉社中学校1年生―解き直しの徹底で成績アップ!

2017年07月11日