4プロセスは無意味?否、目的を理解していないだけです!

「4プロセス」は数研出版から学校教材用として出されている問題集です。

数学の補助問題集として使っている(または使わされている)人も多いのではないでしょうか。
そして中には、「4プロセスが嫌いだ!」と言う方もいらっしゃると思います。
しかしそれは、4プロセスの真価、というか本来の使い方ができていないがゆえ生じる嫌悪です。

今回はそんな4プロセスのレベルや使い方などについてお話していけたらと思います。

4プロセスのレベル

4プロセスの難易度については、数研出版が明確に定義しています。

「学習の基礎~入試の中級最初」
(参考:http://www.chart.co.jp/goods//item/sugaku/level/level2.html#bouyou)

言い換えると、学校授業の基礎から入試の導入くらいといったところでしょうか。偏差値で言うと45~55くらいだと思います。

もう一つ有名な問題集「4ステップ」と比べると、やや低いレベルといえます。

とはいえ、これだけ広いレベルが対象となっていると初学者には辛い部分もあるでしょう。
簡単な問題もあれば、難しい問題も混じっている、という総合問題集共通の特徴ともいえます。

4プロセスの特徴

演習量

4プロセスの最大の特徴はその問題数の多さです。
解説などを軽くしている分、問題を多く収録しています。
そのため、得意な人はどんどん進めるような作りとなっています。

4段階レベル

先ほど述べたように、4プロセスのレベルは広範です。
その根拠は、4段階レベルで分けられた問題が収録されているからです。

具体的には、

A問題(教科書例題レベル)

B問題(教科書標準レベル)

応用問題(教科書発展レベル)

総合演習(入試入門レベル)

の4段階です。

徐々にレベルが上がっていくため、段階的な学習ができます。

解説

正直、解説はかなり簡素、悪く言えばわかりにくいです。
そしておそらくこれこそが、4プロセスが嫌われる根幹となっています。

とはいえ、これは仕方のないことといえます。
なぜなら4プロセスは教科書と授業の内容を前提に作られた問題集だからです。
教科書で理解した内容を何度も繰り返して定着させる、というのが目的のため、理解していることが前提なのです。

4プロセスのジレンマ

4プロセスは無意味?

4プロセスのレベルは偏差値45~55程度、すなわち中堅レベルです。
しかし少ない解説を理解するには、教科書の内容を理解している必要があります。
教科書レベルを理解しているというと、(学校にもよりますが)偏差値55以上は必要でしょう。
つまり4プロセスは、要求するレベルと扱っている範囲がほとんど重ならない問題集になっているように思えます。
使う人の需要と供給が一致していないので、ジレンマに陥った奇妙な問題集に見えてしまうのです。
これも4プロセスが非難される理由なのかもしれません。

4プロセスの意味

ところが4プロセスは無意味な本ではありません。
確かに先ほどの論理だと、どの層が使えばいいかわからない意味不明な参考書となります。

しかし、実はこの論理には欠陥があります。
それは偏差値を不動のもの、変わらないものと考えていることです。
教科書レベルを理解している人の偏差値は55以上というのは確かです。
ところが、これ位のレベルの人が、はたしてそのまま55以上をキープできるでしょうか。次の範囲に進むなどして時間が経ってしまえば、理解したことを忘れていく一方なのではないでしょうか。
とすると、教科書レベルを理解している状態というのを保ち続けることが必要になります。
そこで活躍するが4プロセスなのです。

4プロセスの使い方

ではいよいよ、4プロセスの使い方について述べていきたいと思います。

前提

まず、教科書や授業レベルの内容を理解していることは絶対です。
そして4プロセスを使う目的としては、この理解度を演習によって保ち続けることです。
これらのことを念頭におきながら、演習に入りましょう。

取り組むタイミングと方法

タイミングは当然、授業や教科書を理解した後です。
理解してから遅くとも3日以内には4プロセスに取り組みましょう。あまり間隔をあけすぎると、目的である理解度キープはできなくなります。

方法についてですが、せっかく4段階にわかれているので、これに沿って学習していくという形です。
ただ問題量が多いので、もし時間がなく得意な分野を学習する場合、A問題は飛ばしても大丈夫です。

解説を見てもわからなかったら

4プロセスの回答解説は非常に簡素です。
そのため、応用問題になってくると、回答例を見ても「どうしてそうなるの?」という疑問がわいてくることがあります。
そうした場合は、学校の数学の先生に聞いてみましょう
授業と併用して使うように作られているので、先生も授業に合わせた解説をしてくれるはずです。

ちなみにA、B問題が解説を見てもわからない場合は、そもそも授業内容を理解できていない可能性があるため、もう一度教科書理解に努めましょう。

教科書レベルの理解

もし教科書レベルが理解できてないな、偏差値も足りてないな、と思う人は4プロセスに取りかかるのをやめてください。

時間の無駄ですし、なにより理解できないため数学を嫌いになってしまう可能性があります。

取り組むべきは、教科書レベルの理解です。
とはいえすでに終わってしまった授業を取り戻すことはできないので、別の参考書で補いましょう。
レベルとしては「白チャート」や「基礎問題精講」などの基礎レベルかつ解説が詳しいものがおすすめです。
そのレベルの参考書を仕上げたうえで、4プロセスを「理解度を定着させる」という目的の下開始しましょう。

まとめ

長々と書きましたが、4プロセスという参考書の特性は以下の一文に要約できます。

・4プロセスは数学力をキープするために使うことができる

この目的は正直かなり限定的であるため気づきにくく、従ってこの参考書が嫌われる所以となっています。
逆に使用の目的を踏まえていれば、かなり役立つ問題集になってきます。

ぜひ、見捨てないであげてください。

合わせて読みたい

4stepの仕組みを徹底解説!4stepを知り友達になろう

The following two tabs change content below.

個別指導塾WAYS

中だるみ中高一貫校生・高校生の定期テストの成績をたった90日で跳ね上げる個別指導塾。中高一貫校用教材に対応することで各中高一貫校の定期テストの点数に直結した指導を行います。低料金なので長時間指導が受けられるため、家で勉強できない中高一貫校生でも成績を上げることが出来ます。英語、数学をメインに指導を行っています。

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象

あなたにぴったりな記事10選

今日の人気記事

新着記事

2022年01月18日 立命館中学校3年生ー正しい勉強法の定着で成績アップ! 2022年01月14日 共立女子中学校3年生―基本テキストを3回周回と応用テキストに挑戦で数学の成績アップ! 2022年01月14日 【無料】動画コンテンツ配信のお知らせ 2022年01月11日 暁星中学3年生―勉強習慣の改善で成績アップ! 2022年01月07日 京都府立洛北中学校1年生―勉強習慣の改善で成績アップ! 2022年01月07日 【分野別】中学生におすすめの英語参考書3選! 2022年01月04日 日本大学鶴ヶ丘高校1年生―学習環境と講師のサポートで成績アップ! 2021年12月26日 山脇学園高等学校1年生―確実な学習時間の増加で成績アップ! 2021年12月21日 【中学受験】中高一貫校の『深海魚』とは?原因や対策を解説 2021年12月20日 【中学生・高校生必見】学年1位を取る人の勉強時間は!?

ブログを検索する

キーワード・学校名などを
入力してください。

トップページに戻る


指導コース紹介

講座紹介

新規開校情報

新規開校 たまプラーザ教室

トップページに戻る