【中高一貫校】京都府立洛北高等学校・附属中学校の教育・評判を徹底解明

京都府立洛北高等学校附属中学校の特集ページ>


京都府立洛北高等学校・附属中学校は、京都府京都市左京区にある中高一貫校です。元々は公立の高等学校でしたが、平成16年に附属中学校が開設され中高一貫教育を開始しました。中高一貫生を中心に進学率は高く、部活動も盛んな文武両道の学校です。

京都府立洛北高等学校・附属中学校の基本情報

沿革

京都府立洛北高等学校・附属中学校は、明治3年に開校した日本最古の中学校となる京都府中学校が前身です。昭和25年4月、現在の地に京都府立洛北高等学校が創立、平成16年4月には附属中学校が開設されました。またこの月から文部科学省からスーパーサイエンススクール(SSH)の継続指定を受けています。

教育理念

京都府立洛北高等学校・附属中学校は、見通しを持って主体的に生き抜き、創造性のある心豊かな人間を育てることを目標としています。
校訓は、「礼節の実践、学業に邁進、山水の愛護」です。中学から高校までの6年間を通して、自他の生命や権利を尊重しながら学校生活を充実させ、生徒の学力と人間性を伸ばしていくために教師が日々尽力しています。

施設

京都府立洛北高等学校・附属中学校には、3階建ての校舎と大きなテントのある中庭、秋には体育祭が行われるグラウンド、格技場や広いフロアを持つ体育館があります。また校舎には、物理や生物・地学の実験室やコンピュータ教室の他、図書室や、講義や集会で使われる大人数収容可能な教室もいくつかあります。

校則

京都府立洛北高等学校・附属中学校の校則は、制服の着用や変形の禁止、化粧や頭髪の加工の禁止などで、違反した場合は指導を受けます。
アルバイトは特別に許可を受けた生徒以外は禁止です。

京都府立洛北高等学校・附属中学校の教育

進路希望の実現を支援する3つのコース

 
京都府立洛北高等学校・附属中学校には、3つのコースがあります。

文理コース

文理コースでは、1年次は共通の科目を学ぶことで基礎学力を養い、2年次に文系理系に分かれて専門的な学習を行います。
難関国公立大学や医学部への進学にも対応したハイレベルな内容で、学年ごとに7時間授業の日があり、1年次は週4日、2年次は週3日、3年次は週2日です。
また、週末には土曜セミナー、夏季・冬季・春季休業中にも集中補習が行われ、進路希望実現のために実力を伸ばすことができます。

サイエンス科(中高一貫コース)

サイエンス科は、中高6年間の一貫教育で、グローバル社会に対応できる人材の育成を目指すコースです。
このコースは高校からの募集はありません。数学と理科を中心とした専門科目と普通教科を学ぶことで高い専門知識と幅広い教養を、海外留学の支援などを行うことで国際性も育てます。

スポーツ総合専攻

スポーツ総合専攻は、指定種目のハンドボール(男女)・サッカー(男)・ラグビー(男)・陸上競技(男女)・バレーボール(女)のいずれかの部に所属して、学習と両立させていくコースです。体育やスポーツについての学習や野外活動を主とした教育内容で、それらに関する専門的な科目を履修しながら、国公立大学や私立大学の進学を目指します。

グローバル教育

京都府立洛北高等学校・附属中学校では、国際社会でも自立して生き抜く力を育てることに尽力しています。京都府教育委員会による語学研修補助事業に参加したり、グローバル人材育成プログラムによって研修や他の国の歴史について講義を受けたり、社会的な課題についてディスカッションし発表するなど、さまざまな活動をしています。

進学実績

京都府立洛北高等学校・附属中学校の令和3年度の進路実績は、国立4年生大学進学者70名、公立4年制大学31名、私立4年制大学554名、国公立短期大学1名、専修・各種学校4名、海外の大学1名、就職1名となっています。
国公立4年制大学の中でも、難関10大学への進学者は29名、医学部医学科への進学者は7名です。

京都府立洛北高等学校・附属中学校の学校生活

部活動

京都府立洛北高等学校・附属中学校の生徒の部活動は、一部を除いて中学と高校では別に活動を行っています。

中学は陸上や吹奏楽など、部活動の数は13です。
高校は中学と比べて大幅に増え、運動部だけで18もの数があります。文科部はサイエンス、美術、写真、演劇、料理など14の部があります。

イベント

令和4年度には、中学校では、5月に中学1年生がキッザニア甲子園へ校外学習、6月に2年生が京都へ宿泊研修、3年生が信州・飛騨方面へ研修旅行に行き、9月には文化祭も行われました。
高校では、6月には2年生が研修旅行へ行き、9月には文化祭、10月には体育祭があり、3月には卒業式が行われました。

京都府立洛北高等学校・附属中学校の評判

京都府立洛北高等学校・附属中学校の評判は、「勉強に意欲的な生徒にとって良い環境が揃っている」「文武両道で礼節も学べる」「分かるまで丁寧に教えてくれる」など、学習面でのレベルの高さとサポートの手厚さについての声がよく見られました。

投稿者プロフィール

アバター画像
中高一貫校専門 個別指導塾WAYS 編集部
中高一貫校生の定期テスト対策から大学受験・内部進学までをトータルサポートする個別指導塾。
中高一貫校用教材に対応することで各中高一貫校の定期テストの点数に直結した指導を行います。
低料金で長時間指導が受けられるため、家で勉強できない中高一貫校生でも塾の指導時間内で成績を上げることが可能です。
英語、数学をメインに指導を行っています。
学校ブログバナー背景PC学校ブログバナー背景SP

京都府立洛北高等学校附属中学校

関連記事

中高一貫校生のための
スペシャルな情報をお届け!

中高一貫校生の知りたいを毎週お届けします!

中高一貫校生の「定期テスト対策」や「内部進学対策」、「大学受験対策」まで幅広く網羅した”スペシャル”な情報を毎週お届けします!
他にも、ブログではお伝えしきれないコアな内容もご紹介いたします!

LINE友だち追加する
中高一貫校生必見!最短で成績下位層から抜け出す方法

450校以上の中高一貫校生を指導してきたWAYSのノウハウをご紹介!定期テストの対策はもちろん、内部進学から大学受験まで、他では手に入らないここだけのお得な情報を詰め込んだ資料をお届けいたします。

資料をダウンロードする
まずは無料の学習相談へお気軽にご参加ください

無料学習相談では、中高一貫教育のプロがそれぞれの生徒さんの要望に寄り添って学習プランをご提案いたします。
他塾では思うように成績が伸びなかった生徒も、WAYSでは最適な解決策を見つけられる可能性がございます!

学習相談に参加する

サービス紹介