学習院女子高等科から大学へ内部進学するために必要な成績は?

大学への内部進学に必要な成績は?学習院女子高等科編

どこの高等学校へ進学するかの決断は、どこの大学へ行きたいか、とリンクする部分があります。
早い段階から目標とする大学が決まっている場合、希望する大学の系列の高等学校へ進むことは大きなメリットとなるでしょう。
今回のテーマはそのような高校の1つ、学習院女子高等科についてです。

学習院女子高等科とは

学習院女子高等科は、学習院大学の系列校で、中高一貫の女子校です。ほぼ全生徒が大学へ進学し、GMARCH以上の大学への進学率が非常に高いです。学習院女子高等科は内部と外部受験の割合が約半々という特徴があります。
ここでは、内部推薦、外部推薦、一般受験について見ていきましょう。

学校の成績ってどうやってつくの?

成績は10段階の絶対評価で、平常点、課題、試験を総合して決まります。
特殊な点のつけ方は特になく、実力が忠実に反映される評価法と言えるでしょう。

推薦に必要な成績はどれくらい?

推薦の基準となる成績は、高校1・2年生の成績+高3夏冬の実力考査の結果で判断されます。
学習院女子は学校の方針として、試験結果の順位や内部推薦に必要な平均点や内申点について開示をしておらず、具体的な指標については記載出来ないため、大まかな傾向について記載致します。

内部推薦

学習院大学への内部推薦に必要な成績は、平均を大きく下回ると厳しいようですが、基本的に希望通り進むことができます。
法学科や心理学科などの人気のある専攻はある程度成績が必要です。

外部推薦

外部推薦の方ではかなり高めの成績でなければならず、大学によっては8点台後半以上ないと厳しい大学もあります。
ですが、外部推薦を狙う生徒も12月前なら内部推薦権を持ちながら挑むことができるので、万が一に外部推薦が上手くいかなくても、内部推薦で進学することが可能です。

テストの特徴!

どの科目も記述を重視します。
テストは入試問題並みによく練られて作られており、採点もとても丁寧です。
一夜漬けや解法暗記ではボロが出てしまいますが、きちんと勉強をした人は点数を取れる試験です。
試験はとても手の込んだものであるにもかかわらず、伝統的に生徒を争わせない校風から、試験結果の順位は出ないという特徴があります。

それぞれのテスト科目の特徴!

数学

数学は大問が数問あり、解答は全て記述です。
学校教材を応用問題までしっかりできるようにしておきましょう。

英語

英語は問題数が多く、文法問題や長文問題もありつつ、長めの記述を英語で書かせる問題が出ます。テストではかなり記述が多いです。
英単語に関しては、ほとんど日本語から英語に直す問題が出題されます。

理科、社会

理科、社会もかなり途中過程に配点が入るようです。
こちらの2科目は、基本的にテキストよりも先生の話がメインで、先生の好みの分野によっては深く追及する内容も出ます。

テストで高得点を取るには?

全体的にインプットよりもアウトプットを重視しているようなので、教科書の暗記ではなく授業の理解に努めましょう。

数学

数学も思考力を問われるので、解法の丸暗記に走るのは得策ではありません。
普段から解答の際に、途中過程をしっかり記述していれば、試験に対応できます。

英語

英語は、教科書と問題集にはあまりないライティングを普段から練習しておく必要があります。
日々出された課題と添削は捨てずに取っておき、試験前に練習すると良いです。
英語の課題は大変ですが良質良問なので、テスト勉強になるのみならず、実力もつけられます。
全体的に授業は、教科書に沿いつつ板書・プリントメインで進むため、それらをしっかり復習しておきましょう。

理科、社会

全体的にもアウトプットの多いテストですが、理科社会は他科目と比べて特にその傾向にあります。単純な暗記では対応できないので、しっかりと授業の内容を理解しましょう。

内部推薦でも外部推薦でも、学校の成績が重要な鍵を握っていることには変わりありません。
WAYSでは、それぞれの生徒が使っている定期テストのメインの出題元となる教材を用いて、次のテスト範囲の箇所を3周、問題演習を繰り返し行っています。また、生徒の問題演習をベースとし、分からないところをピンポイントで解説していくアウトプット中心型の指導スタイルです。さらに、120分という圧倒的長時間の問題演習時間を確保しておりますので、しっかりと学習を定着させて、成績アップを実現することができます!

外部受験について

外部受験を行う人は、高校3年生の夏の実力考査は成績に加味されず、冬の実力考査は実施されません。そのため、外部試験のための勉強時間を確保することができます。
ところが、学校では外部試験の対策はほとんどないので、外部受験を考えている方は自分で計画を立てて問題演習を進めていかなければなりません。

そんな皆さんを救うために、WAYSでは「大学受験コース」をご用意しています!
WAYSの「大学受験コース」では自習室を完備し、自習コンサルタントが毎週志望校合格に向けた効率のよい学習計画を提案してくれます。
また、学習を進めていくうえで出てくる疑問点を解決していき、指導内では学んだ内容を何度も繰り返しアウトプットをしていくことで、「理解したつもり」の状態から「自力で正答できる」状態にステップアップできます。
そうして試験本番で得点できる解答力を身に付けることができるのです!

まとめ

大半の生徒が推薦で学習院大学へ進学する

アウトプット中心のテスト

成績は高得点を取りづらく、またテスト点に加えて平常点や課題点も含まれる

テスト対策のためには、全教科普段から記述を意識して勉強に取り組む必要がある

The following two tabs change content below.
橋本知加良

橋本知加良

東京大学大学院新領域創成科学科修了。専攻は環境学。 趣味は筋トレ、ポケモンGOなど暇があれば体を動かしている。

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象

中だるみ中高一貫校生の英語の数学定期テスト対策コース 高校生定期テスト対策コース 大学受験準備コース 大学受験コース

今日の人気記事

新着記事

勉強のやる気を上げるたった1つの方法!
学習院女子高等科から大学へ内部進学するために必要な成績は?
早稲田実業で大学に内部進学するには?
数学で得点力アップのためにやるべきこととは?
日大豊山高校2年生ー効率的な勉強を行うとともに、勉強時間を増やすことで成績アップ
学習院中等科1年ー効率よく学習して、短期間で成績アップ
カリタス女子中学2年 ー「解き直しの徹底」と「演習量を増やすこと」で成績アップ!
京華高校2年生―こまめな復習で成績アップ!
大学受験コース 説明会・個別相談会開催のお知らせ
早稲田高校2年生―解説を読み込んで成績アップ!

2020年06月23日