光塩女子学院中学校3年生ー集中できる環境で学習して成績アップ!

今回は光塩女子学院中学校の成績アップ事例について紹介したいと思います。

この生徒は中学3年の6月に入塾しました。1学期中間テストでは代数11点(平均55点)、図形54点(平均63点)という状況でした。

その後、当塾に入塾して学習していった結果、約1ヶ月後の定期テストでは代数が59点(平均50点)、図形が57点(平均51点)と点数が上がり、両方の数学で平均点を上回ることができました。

では、このような結果が出た勉強法について紹介しようと思います。

入塾時の学習状況

光塩女子学院の数学は中学3年生から高校内容に入ります。扱う問題集は『4STEP 数学I+A』という、多くの中高一貫校で使われているやや難しめのものです。

この生徒の場合、内容が高度になっていくにつれて問題が解けなくなり、問題集に取り組むこと自体が億劫になっているようでした。そのため、テストでも演習不足による計算ミスなどが多かったり、時間が足りなくなるような状況でした。

また、自宅で勉強はするものの集中できていないという、当塾に通われている生徒の典型でした。

問題集を最低3周繰り返してテスト対策

そこで、まずは『4STEP』の「テスト範囲を代数・図形共に3周する」という目標を立てました。その目標を念頭に置き、生徒本人が真面目に塾に通い、毎回の学習に集中して取り組んでくれたため、わずか1ヶ月という時間でも3周こなすことができました。

また、学校で配布されるプリントも3周繰り返して、学校の授業内容の疑問点も無くしていきました。

そして、問題点を解消しながら問題集を解いていくことで、自力で解ける問題も次第に増えていきました。「理解できていない部分を明確にしてから問題を解き直す」という、当塾が指導している勉強法を身につけていきました。

短期間で大幅な成績アップ

このような勉強法を行った結果、わずか3週間の勉強で代数は59点、図形は57点と、共に平均点を超えることができました。特に代数に関しては40点以上も得点を伸ばすことができました。

この生徒の場合、勉強時間は確保できてても自宅だと集中できないという問題がありました。しかし、当塾では周りの生徒が集中して学習しています。そのような環境の中に身を置くことで、この生徒自身も集中して学習ができるようになりました。

120分という長時間の勉強であっても、分からない部分を一つずつ解決していくことで、学習のモチベーションを保つことができました。これらが成績アップにつながったのだと思います。

今後の目標

今後は、今回の結果を出せた勉強法を駆使し、安定して高得点を取っていくことが目標です。

また、現時点では過去の理解できていない単元の復習が不十分です。安定して高得点を取るためには、過去の単元の復習も不可欠です。長期休暇やテスト休みなどを利用して、今までの苦手単元を一つ一つ克服していきます。

 

個別指導塾WAYSでは、このような中高一貫特有の高難易度問題集を自分一人で進めるのが難しい生徒、自宅ではどうしても集中できない生徒が多く入塾します。そして、当塾で正しい勉強法を身につけて集中して学習することで、大幅な成績アップを果たしています。

学校の成績でお悩みの方は、是非ともお問い合わせください!

The following two tabs change content below.
田中 裕喜

田中 裕喜

個別指導塾WAYS 池袋教室 講師 学習塾で5教科幅広く指導した経験をいかし、渋谷教室の室長を務める。「継続は力なり」を信条に、正しい努力を続けていくことで成績が上がることを多くの中高一貫校生に実感させている。

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象

中だるみ中高一貫校生の英語の数学定期テスト対策コース 高校生定期テスト対策コース

今日の人気記事

新着記事

淑徳高校1年生ー問題集を難易度別で段階的に解いて成績アップ!
富士見中学校3年生ー学校課題を無理なくこなせるようにすることで得点アップ!
中高一貫校生が英検®準備を始める時期は?英検®への意識
中高一貫校生はリスニング、リーディング、スピーキング、ヒアリングどの分野が得意・苦手?
中高一貫校生の英検®の所持率は89.7%、持っている級は何級?
帝京大学中学校2年生ー効率の良い勉強方法をマスターすることで成績アップ!
海城中学校2年生―質問力を身につけることによって成績アップ!
桐朋中学校3年生―英語の三段階学習法で成績アップ!
日本大学第二高校2年生―勉強時間を確保し、計画を立てることで成績アップ!
香蘭女学校中等科2年生―圧倒的な学習時間確保で成績アップ!

2017年09月26日