アクセント発音問題について

new_pixta_4290312_l
開智中学の定期テストに決まって出題されるのが発音、アクセント問題です。発音アクセントがしっかりしていれば、得点源を確保することが出来るだけでなく、リスニング問題が容易になり、また単語の記憶能力も高まります。そして、英語文の切れ目もわかるようになるので、長文読解の際、役立つ力となります。今回は発音アクセントについてブログを書きたいと思います。

 

発音のルールを覚える

英語の発音には、ルールがあります。もちろん例外はありますが、そのルールを覚えることで初めて見る単語もおおむね読めるようになります。そのルールをフォニックスと呼びます。発音では、thinkのth、teacherのeaなど、通常の発音と異なるものはもちろんですが、aからzまでの基本発音もしっかりとチェックすることが大切となります。それらの規則性を説明したものがフォニックスとなります。ぜひ、意識して学習していくことをお勧めします。しかし、ただルールを理屈だけ覚えているだけでは、単語の発音、文章のイントネーションはしっかりと身につかないと思います。その際に活用できるのが、英語教材のリスニングCDや洋楽CDです。やはり、自分で発音してみたり、実際にたくさんの生の英語発音を耳で聞くことは、長期的な発音の記憶には欠かせませんし、なにより、英語は一つ一つの単語の発音より、一文全体の流れにおけるイントネーションが重視されるので、その点を理解するためには、リスニングCD、洋楽などを繰り返し聞くことが効果的と思われます。さらに、洋楽なら音楽になっているので、飽きを軽減させて何度も聞くことが出来ます。私はリスニングも同じ文章を何度も聞くことが大切と考えていますので、リズムに乗せて英語を聞けることは大変大きなメリットと考えます。また、実は洋楽の歌詞は、大切な英語構文、表現技法、重要単語が使用されていることが多く、それを何度も聞けるのも大きなメリットとなると思います。具体的な練習法としては、ただ英語CDを聞き流すだけでなく、自分で発音したり、洋楽ならカラオケで何度も歌うようなものがあげられます。ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

英語は発音とスペルが一致しない言語です。その中で、発音、アクセントを定着させるには、実際に英語文を繰り返し聞いてみたり、フォニックス等のルールを習得していく必要があると思います。なので、単語を記憶する際の単語練習のときには、きちんと発音を確かめながら、できれば口に出しながら、書いて覚えることをお勧めします。余力があれば、発音記号も読めるようにし、発音を調べることを習慣化することをお勧めします。私たち日本人が聞き違えやすい発音をテスト問題として出してくるのは明らかですが、広範囲に発音の学習をすることは自信と発音のセンスを磨くこととなり発音問題を得点源とすることにつながりますので、ぜひ注意して学習してください。

The following two tabs change content below.
個別指導塾WAYS

個別指導塾WAYS

中だるみ中高一貫校生・高校生の定期テストの成績をたった90日で跳ね上げる個別指導塾。中高一貫校用教材に対応することで各中高一貫校の定期テストの点数に直結した指導を行います。低料金なので長時間指導が受けられるため、家で勉強できない中高一貫校生でも成績を上げることが出来ます。英語、数学をメインに指導を行っています。

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象

中だるみ中高一貫校生の英語の数学定期テスト対策コース 高校生定期テスト対策コース

今日の人気記事

新着記事

芝浦工業大学附属中学校3年生―勉強習慣を身につけることで成績アップ!
山脇学園高校2年生―問題集を繰り返すことで成績アップ!
明治大学付属中野高校2年生―塾で集中して暗記に取り組むことで成績アップ!
工学院大学附属高校2年生―テスト分析と教材の2周演習で継続的な成績アップ!
5月7日より「英検」対策講座開始!
実践女子学園中学校3年生―「素早く解く→解き直す」のサイクルで成績アップ!
田園調布学園中等部3年生―解き直しの徹底で成績アップ!
大妻高校1年生―勉強方法を見直すことで成績アップ!
富士見丘中学校2年生―理解と演習で英語の点数アップ!
早稲田大学高等学院中学部1年生―学習時間の確保で成績アップ!

2016年10月21日