開智中学第三学年 英語校内テストの分析

new_pixta_18545729_m
今回は開智中学校、校内テスト(夏明けテスト)英語についての分析を書きたいと思います。
以下は中学三年生のテストをもとに考察しました。

テストの構成

開智中等部の英語テストはパートAからCに分かれています。実力テストである校内テスト、定期テストである中間期末テストともにこの形式で出題され、パートのそれぞれが授業内で扱った問題を中心に構成されています。ただし、パートCは中間期末ともに、授業で扱った英作文と初見英文で組み立てられ、一方で、校内テストはパート三つを通して、実力テストということで四つの初見英文が出題され、これまでの英語力の応用を試しています。こうして開智英語の出題をみてみますと、暗記はもちろんのこと、広い応用を試していることがわかります。

注意しなければならない傾向

大問一、二が発音アクセント問題で、これは中間期末でも引き継がれます。なので、単語練習をするときに発音記号をきちんとチェックすることが必要であり、声に出して単語練習をすれば、なおいいと思います。発音やアクセントに拘ることで英語力はアップしますので、ぜひ定期考査のために意識してみてください。リスニング対策のためにも必須です。
そして同じパートAに文法の誤りを指摘し、正しく直す問題があります。実はこのような問題にはかなり正確な文法知識と単語力が必要です。そして初見英文が夏明けテストは勿論のこと中間期末でも出題されます。ということはやはり、毎回のテスト勉強は中間期末の授業範囲にとらわれず、既習範囲全体を網羅した学習が必要となります。また、応用力を試す問題が多いということなので、英語を単なる暗記ではなく、理解して習得することが大切となります。

まとめ

以上のような考察を踏まえると、学習単元ごとに、ある程度の理解を追求し、しっかりとしたイメージを固めていくことが必要と感じます。一周目にその単元のひとまずの理解があり、そしてさらに深い理解を目指していくための復習があるという姿勢で学習を深化させていってください。ただ、学習が遅れている方に関しては、スピード重視の単純暗記が必要となる場面もあると思います。しかし、私は、急がば回れで、勉強を継続するため、後々のため、知識を頭の中で結びつけるため、学ぶ喜びを味わうために、恐れず、目先の点数を見据えつつ、より先々への点数へと結びつける意識も正しい選択と考えます。どちらにせよ、日々のコツコツとした努力が大切と思うことが何よりと思います。

The following two tabs change content below.
個別指導塾WAYS

個別指導塾WAYS

中だるみ中高一貫校生・高校生の定期テストの成績をたった90日で跳ね上げる個別指導塾。中高一貫校用教材に対応することで各中高一貫校の定期テストの点数に直結した指導を行います。低料金なので長時間指導が受けられるため、家で勉強できない中高一貫校生でも成績を上げることが出来ます。英語、数学をメインに指導を行っています。

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象

中だるみ中高一貫校生の英語の数学定期テスト対策コース 高校生定期テスト対策コース

今日の人気記事

新着記事

高輪中学校3年生―定期テスト対策プリントをマスターして成績アップ!
攻玉社中学校1年生―キーポイントの高速暗唱で成績アップ!
法政大学高校2年生―学習習慣の定着で成績アップ!
攻玉社高校2年生ー問題に印をつけ、解き直しをすることで成績アップ
明治大学付属中野中学校1年生ー演習量を確保して数学の点数アップ!
星美学園高校2年生ー毎週配布されるプリントを徹底的に繰り返して成績アップ!
7月23日より夏期講習開始!
城北中学校1年生―文字を丁寧に書いて計算過程を見やすくすることで成績アップ!
海城高校1年生―計画的に学習を進めて成績アップ!
大妻中野高校1年生―演習量の確保と効率的な学習で成績アップ!

2016年09月30日