英語学習における素朴な疑問

pixta_20535753_m

今回は子供さんたちからよく質問される英語学習における疑問に、自分なりの回答をしたいと思います。

英単語

英単語の覚え方は無限にあると思います。しかし、繰り返して記憶に定着させるというのは経験上間違いありません。ただ、二回目三回目の復習の時、ただ眺めるのではなく、様々なことに気づきましょう。人は積極的にかかわったものを覚えようとするので、おなじ単語をまた復習しなければならないとため息をつかずに、毎度新しい単語に出会うような新鮮な気持ちで、単語と向き合ってください。そしてたくさんのことに気づいてあげてください。長い単語は一気に覚えようとするのではなく切って覚えたり、それぞれの部分に意味があることを知ったり、語源を他言語から類推したりと、さまざまなアプローチがあります。
単語にそっぽを向かれてしまわないように、ただ漫然と復習しないようにして下さい。

リスニング

リスニングクリアのためにはシャドウイングが効果的と思います。シャドウイングとは流れてくる英文を追って、自らも発声する訓練法です。シャドウイングをすることで英語独特のイントネーションや、文の切れ目がわかって来ます。イントネーションや文の切り方に文法的な法則はありますし、説明もありますが、シャドウイングのような方法で、肉体記憶を介して、体で覚えることには良い面もあります。リスニングはある意味、常に制限時間との勝負なので、逼迫した時間に追われる中で文法的な分析を迫られます。これは、よほどの熟練者でない限り難しいと思います。しかし、肉体記憶の回路を用いれば、頭での情報処理にかなりの余裕ができます。ぜひシャドウイングをリスニング勉強に取り入れてみてください。
また当たり前ですがリスニングには単語力が必須で、リーディングと比較すれば文字数としては短文で出題されるので、わからない単語があるとたちまち文意が理解できなくなります。文章が短いとわからなくなるとは、意外かもしれませんが、長文のほうが文脈からその不明な単語を類推することができるので有利なのです。単語力は英語の核ともいえるものなのでしっかりと身につけましょう。

単語の意味やイメージを深く知ることは大切か

英語力がある子供さんは、文章レベル、単語レベルでともに、深く広いイメージを持っていることが多いです。英語学習の王道は質より大量暗記というイメージを持っている方は多いのかもしれませんが、実際は、英語という言語に対しての操作性を上げるためには、より突き詰めた知識は避けては通れない道となります。英語の点数の頭打ち、長文読解のスピードが上がらない、どうやっても英語が嫌いで学習が進まない等の壁を打破するために、かなり有効な策の一つとして、英単語や英文法に、もう一歩深く分け入って、探ってみる学習が必要であると考えます。

今回はざっくりと書きましたが、またの機会に各項くわしく書きたいと思っています。

The following two tabs change content below.
個別指導塾WAYS

個別指導塾WAYS

中だるみ中高一貫校生・高校生の定期テストの成績をたった90日で跳ね上げる個別指導塾。中高一貫校用教材に対応することで各中高一貫校の定期テストの点数に直結した指導を行います。低料金なので長時間指導が受けられるため、家で勉強できない中高一貫校生でも成績を上げることが出来ます。英語、数学をメインに指導を行っています。

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象

中だるみ中高一貫校生の英語の数学定期テスト対策コース 高校生定期テスト対策コース

今日の人気記事

新着記事

高輪中学校3年生―定期テスト対策プリントをマスターして成績アップ!
攻玉社中学校1年生―キーポイントの高速暗唱で成績アップ!
法政大学高校2年生―学習習慣の定着で成績アップ!
攻玉社高校2年生ー問題に印をつけ、解き直しをすることで成績アップ
明治大学付属中野中学校1年生ー演習量を確保して数学の点数アップ!
星美学園高校2年生ー毎週配布されるプリントを徹底的に繰り返して成績アップ!
7月23日より夏期講習開始!
城北中学校1年生―文字を丁寧に書いて計算過程を見やすくすることで成績アップ!
海城高校1年生―計画的に学習を進めて成績アップ!
大妻中野高校1年生―演習量の確保と効率的な学習で成績アップ!

2016年09月22日