英検二次試験の対策を紹介。おすすめの勉強法は?

new_pixta_15877736_m

先日、英検の二次試験、面接試験がありました。
英検二次の対策をどのようにすればいいのか何人かの子供さんから質問を受けたので、その回答をしたいと思います。せっかく一次試験を通ったのに、二次試験で落ちるのは大変悔しいことです。

とにかく自分の意思を伝えようと努力し、多くの英単語で自分の気持ちを表現しようとする

面接官から質問を受けたら、出来るだけ多くの言葉数で返すようにしましょう。日本語も英語もたった一単語のチョイスで意思疎通できるようにはつくられていません。たくさんの言葉との絡まり合いの中で、その一単語の意味が定まってきます。
例えばアメと発音しても、雨なのか、お菓子のアメなのか状況や文脈がないと判断できない場合があります。この場合は音のイントネーションで判断はつきますが、やはり、状況や文脈がないと、外国人が日本人と会話しているシチュエーションなら、理解に苦しむ場合があるのではないでしょうか。
英語でも、似たような発音、roughとloveなど、日本人が聞き取りも発音も苦手な単語があります。この単語を聞き分けさせるためには、やはり、ほかの言葉で説明するのが無難だと思います。なかなか通じないからと言って、何度もその単語を繰り返されても中々判断できません。I love you.のloveだよと、言葉を足して説明するほうが伝えるのが断然楽です。つまり、伝わらなければ、どんどんしゃべってしまったほうがいいということです。

今ある語彙力でそのイメージや気持ちを伝える

ないものはありません。もし使いたいのだけれど、その単語がわからない、思い出せないから会話がとまってしまうというなら、今ある語彙で伝えようと頑張ってみてください。同じ内容でも様々ないい方があるのは、日本語も英語も同じです。会議に参加するという表現も、take part in、participate、何ならgoだって使ってもいいと思います。まずは伝えることを最優先にトレーニングしてみることが大事だと思います。

相手に聞き取りやすい英語

後は相手が聞いていてできるだけ違和感を軽減できれば申し分ないのではないのでしょうか。日本語でも話を聞いているときに、びっくりするようなところで文の切れ目を作られたら、焦ってしまいます。例えば英語の決まりとして、基本的には、動詞を言ってから一呼吸置くというものがあったり、一つ一つの単語ではなく全体の流れやイントネーションがスムーズかどうかが聞き取りやすい英語かどうかの分かれ道というものがあります。なのでリスニングではこの点などを注意して英語を聞き取ってみてください。新しい発見があるかもしれません。

まとめ

いろいろと書きましたが、まずは口に出して喋ってみることが大切なのかもしれません。日常生活や、勉強時間に少しでも多くの英語表現の時間を作ることをお勧めします。もしかしたら今学んでいる学校教科の中で、将来最も役立つ力になるかもしれないと考えて練習してみることも上達の近道と思います。

The following two tabs change content below.

個別指導塾WAYS

中だるみ中高一貫校生・高校生の定期テストの成績をたった90日で跳ね上げる個別指導塾。中高一貫校用教材に対応することで各中高一貫校の定期テストの点数に直結した指導を行います。低料金なので長時間指導が受けられるため、家で勉強できない中高一貫校生でも成績を上げることが出来ます。英語、数学をメインに指導を行っています。

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象

あなたにぴったりな記事10選

今日の人気記事

新着記事

2022年05月24日 神奈川学園中学校2年生ー担当講師から勉強法を学びながら、圧倒的演習量をこなして成績アップ! 2022年05月24日 【中高一貫】落ちこぼれから大逆転するための秘訣2選 2022年05月21日 中高一貫校で落ちこぼれ!?挽回して大学進学するための3つのポイント 2022年05月20日 目白研心中学校・高等学校1年生―学習習慣切り替えで成績アップ! 2022年05月18日 中高一貫校の数学は苦手になると後が大変!落ちこぼれない勉強法と問題集紹介 2022年05月17日 本郷中学1年生―ピンポイント解説と学習習慣形成で成績アップ! 2022年05月14日 中高一貫校の英語教育についていけない!おすすめの塾と勉強法 2022年05月13日 年間を通して成績を安定させるためにはー「スタートダッシュを決めること」の利点 2022年05月13日 中高一貫校生に塾は必要?行くならいつから?将来を見越した対策とは 2022年05月12日 東京都千代田区 私立中高一貫校まとめ

ブログを検索する

キーワード・学校名などを
入力してください。

トップページに戻る


指導コース紹介


トップページに戻る