【長文VSシリーズ】長文で単語を覚えるVS単語帳で単語を覚える【中高一貫生・高校生向け】

pixta_5504994_m

英単語の覚え方は色々あります。 英単語の覚え方の中で、よく対比されるのが 長文で出てくる単語を覚える派 と 単語帳で順に覚える派 です。 ここでは、これらのメリット、デメリットを紹介し、どのような勉強法が良いのかを考えていきます。

長文に出てきた単語を覚える派

長文中に出てきた知らない単語をその都度辞書で調べ、ストックしていく勉強法

関連して覚えられる

長文で出てきた単語は文脈から関連しやすいため、 単語のみの場合より格段に覚えやすいです。

大学入試頻出単語を網羅できない

長文中には、中学生でもわかる簡単な単語からマニアックな単語が散りばめられています。 比較的簡単な単語でも長文中に出てこないと覚えられないので、 大学入試に頻出な単語を長文の中に出会わぬまま、入試本番を迎えてしまいます。 一方で、たまたまでてきた難しい単語も無駄に覚えてしまいます。

優先順位がわからない

長文中に出てくる知らない単語を無造作に覚える際、 自分の学力における、覚えるべき単語、 まだ覚えなくても良い単語の判断がつかないため、 覚えるべき単語の優先順位がわかりません。 マニアックな単語を覚えていても、 センターレベルの単語を覚えていないと 単語力はセンターレベル以下で止まってしまいます。

単語帳を使って覚える派

単語帳を順に進めて単語を覚えていく勉強法

大学入試に出る単語が網羅されている

大学入試用の単語帳には入試に出やすい単語が載っていて、 入試に出ない難しい単語は載っていない。 そのため、ここまで覚えれば大学受験は大丈夫!という基準がわかります。

頻度順になっている

入試に出やすい順番で載っているため、 時期、学力で覚えるべき単語を優先順位をつけて効率的に覚えられます。

覚えやすく工夫されている

関連付けて覚えやすいように、例文、フレーズ、類義語、反意語、ゴロなどが載っています。 淡々と単語帳を進めていく中で、これらを利用して覚えて行きましょう。

まとめ

これらを組み合わせるのが最良です。 単語帳で単語レベルまで覚えてから、 長文で出てきた単語を使ってる単語帳で調べることで 頻度順に覚えつつ、単語帳に乗ってる大学受験頻出の単語のみを 長文の文脈に関連させて覚えられます。 わからない英単語が出てくるから長文アレルギーになってる人が多いので、 一般的に単語帳から入ることをおすすめします。

The following two tabs change content below.
個別指導塾WAYS

個別指導塾WAYS

中だるみ中高一貫校生・高校生の定期テストの成績をたった90日で跳ね上げる個別指導塾。中高一貫校用教材に対応することで各中高一貫校の定期テストの点数に直結した指導を行います。低料金なので長時間指導が受けられるため、家で勉強できない中高一貫校生でも成績を上げることが出来ます。英語、数学をメインに指導を行っています。

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象

中だるみ中高一貫校生の英語の数学定期テスト対策コース 高校生定期テスト対策コース

今日の人気記事

新着記事

大船教室開校!2019年1月4日まで入塾金無料!
2018年9月10日より「英検」対策講座開始!
吉祥寺第2教室開校!2018年11月15日まで入塾金無料!
獨協中学校2年生―反復演習と学習リズム形成で成績アップ!
学習院中等科2年生―効率の良い勉強方法を身につけて成績アップ!
東洋英和女学院中学部3年生―単語の暗記で英語の成績大幅アップ!
成城高校3年生―「できる」問題を増やすルールを徹底して成績アップ!
成城中学校2年生―問題集を繰り返し解くことで成績アップ!
本郷中学校2年生―勉強習慣を身につけて成績アップ!
都立文京高校2年生―演習量の確保と勉強習慣の見直しで成績アップ!

2013年07月29日