大学受験英語長文のための英文解釈の勉強法【中高一貫生・高校生向け】

pixta_23396981_m

目的

・英語長文中の英文を訳せるようになる

・返し読みせず英文構造を掴み、長文を速く読む

・和訳問題で点数をとる(国立志望)

これら目的を達成するための英文解釈のやり方を紹介します。

英文解釈の勉強法

英文解釈の勉強法ー和訳編

最初に英文にSVOCMを振ってください。 ただし、2周目をやるときにヒントになってしまうので SVOCMは参考書にそのまま書かないでください。 コピーするか、ノートに書き写すかしてください。 SVOCMに沿って英文を直訳していきます。 直訳でぎこちない日本語になる部分は意訳してください。 この時点で、わからない単語は訳にそのままスペルを書いておいてください。 次に、わからない語彙を調べてください。 英単語帳、熟語帳の力を借りてわからない単語、熟語を調べ、和訳を直してください。 語句のヒントがあればそちらも参考にしてください。 続いて、参考書の解説を見てSVOCMを修正して、 それを踏まえて和訳を書き直してください。 最後に全訳を見て、日本語の選び方や接続等の意訳を参考にしてください。

英文解釈の勉強法ー音読編

英文解釈の仕上げに音読します。 ここ音読で音読をサボると、今までやってきたことが長文中で十分に活きません。 音読する目的は大きく分けて2つあります。 ・英語の語順で英文の構文を取れるようにする ・英語を和訳を介さずに英語のままで理解する これらを出来るように意識して音読をしてください。 すらすら音読をしつつ、 返し読みせずに構文が取れて、 英語を英語のまま訳せる という状態になるまでに大体5回以上の音読が必要になります。 CDが付属している場合、シャドウイングしてください。 シャドウイングとは、CD音声を聞きつつ、一瞬後から追いかけて音読することです。 CDのスピードに合わせて構文がとれるようになり、英語のままで理解出来れば、 そのスピードで長文が読めるようになります。 リスニング試験対策にもなりますので、CDがあったらシャドウイングは絶対やりましょう。

The following two tabs change content below.
個別指導塾WAYS

個別指導塾WAYS

中だるみ中高一貫校生・高校生の定期テストの成績をたった90日で跳ね上げる個別指導塾。中高一貫校用教材に対応することで各中高一貫校の定期テストの点数に直結した指導を行います。低料金なので長時間指導が受けられるため、家で勉強できない中高一貫校生でも成績を上げることが出来ます。英語、数学をメインに指導を行っています。

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象

中だるみ中高一貫校生の英語の数学定期テスト対策コース 高校生定期テスト対策コース

今日の人気記事

新着記事

八雲学園中学校2年生―問題の解き直しを繰り返すことで成績アップ!
学習院中等科3年生―学校の教材だけを徹底反復して成績アップ!
桐朋中学校2年生ー勉強の習慣づけで点数アップ!
山脇学園中学校2年生―問題集を繰り返し解くことで成績アップ!
三輪田学園高等学校1年生―春期講習で基礎を固めて1学期中間で成績アップ!
桐朋高校1年生―演習時間の確保と勉強効率を上げることで成績アップ!
立教新座中学校2年生―計画的に問題集に取り組んで成績アップ!
早稲田大学高等学院中学部2年生―講師が生徒の理解度を確認し成績アップ!
立川国際中等教育学校3年生―計画を立てて勉強を進めることで成績アップ!
光塩女子学院中等科2年生―問題を選定して効率よく学習することで成績アップ!

2013年07月23日