【受験相談】現代文や英語の長文を読んでも一回で頭に入らないんです!

Q、現代文や英語の長文など一回で頭に入らないんです(;_;)

何回も読んでなんとなく‥‥みたいな感じで(;_;)

結局なにが言いたいのかが分からなくて、また読み返して時間くっちゃうんです‥‥。

どうしたらぱっとすぐ理解できますか(;_;)

英語でも国語でも、1文の意味はなんとなく掴めるが、1回読んだだけでは前後のつながりや文脈がわからないといったところでしょう。

パッとすぐに理解するためには

パッとすぐに理解するためには、1文を解釈する能力はもちろんのこと、それまでの文脈の理解が必要です。

文脈を把握することに力を使ってください。

パッとすぐに理解するには、文脈を把握できるまでは「じっくりと読む」ことが必要なのです。

読み返すのは悪いことではない

文脈をつかむための読み返しは、後々パッとすぐに理解できるようにするためのタメようなものです。

あとで読み返しの時間を巻き返せるスピードが得られるのです。

何回も読み返すこと自体が悪いことではなく、読み返し方が下手なだけなのです。

読み返し方が下手であるために、時間をかけても文脈が把握できず、パッとすぐに理解できないのです。

読み返すことで文脈理解を促進するには、どのタイミングで、何のために、どこを、読み返すかが重要になります。

まとまりごとに理解する

長文はいくつかの文章のまとまりで構成されています。

文章のまとまりとして、英語ではパラグラフ、現代文では意味段落というものがあります。

まずは、文章のまとまりごとの言いたいことを把握してください。

その際、言いたいことを把握するためなら、まとまりを何回読み返してもOKです。

まとまりの最後まで読んでから読み返す

まとまりの最後まで行っていない段階では読み返さないでください。

最後まで読まないとまとまり全体の意味がわからないからです。

最後まで読んでもまとまりの言いたいことがわからなかったら読み返してください。

そして、まとまりの言いたいことがわかったら、それを踏まえて次のまとまりに移ってください。

このようにまとまりごとの言いたいことを一つ一つ理解していけば、前読んだのまとまりに戻ることなく、読み進めていけます。

 

このような読み方、読み返し方を練習し習得すれば、文脈・文章の理解が格段に早く・正確になり、難関大入試においても、時間内に高得点を叩き出せるのです。

The following two tabs change content below.
個別指導塾WAYS

個別指導塾WAYS

中だるみ中高一貫校生・高校生の定期テストの成績をたった90日で跳ね上げる個別指導塾。中高一貫校用教材に対応することで各中高一貫校の定期テストの点数に直結した指導を行います。低料金なので長時間指導が受けられるため、家で勉強できない中高一貫校生でも成績を上げることが出来ます。英語、数学をメインに指導を行っています。

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象

中だるみ中高一貫校生の英語の数学定期テスト対策コース 高校生定期テスト対策コース

今日の人気記事

新着記事

高輪中学校3年生―定期テスト対策プリントをマスターして成績アップ!
攻玉社中学校1年生―キーポイントの高速暗唱で成績アップ!
法政大学高校2年生―学習習慣の定着で成績アップ!
攻玉社高校2年生ー問題に印をつけ、解き直しをすることで成績アップ
明治大学付属中野中学校1年生ー演習量を確保して数学の点数アップ!
星美学園高校2年生ー毎週配布されるプリントを徹底的に繰り返して成績アップ!
7月23日より夏期講習開始!
城北中学校1年生―文字を丁寧に書いて計算過程を見やすくすることで成績アップ!
海城高校1年生―計画的に学習を進めて成績アップ!
大妻中野高校1年生―演習量の確保と効率的な学習で成績アップ!

2013年08月27日