高校数学についていけなくなるパターン解説【中高一貫校生にもオススメ!】

数学女子 高校での数学は成績の重点を占め、好成績を残すためには高校数学の攻略が必須となります。 しかしながら、 ・小学校、中学校時代に算数、数学が得意だったのに、高校に入った途端に数学が苦手になってしまう生徒 ・中学まではがむしゃらに何とかなったが、高校数学ではまったく解けなくなる生徒 が多く存在します。 その多くは他科目を犠牲に時間をかけても数学が出来ないまま試験に臨み、 数学だけでなく他の科目までもボロボロな成績をとるという負のスパイラルにはまっています。

数学負のスパイラル

一方で、数学を比較的短時間で仕上げ、他の科目の勉強をしっかり出来て、試験で高得点のオンパレードとなる生徒が存在します。

これらの生徒の差はなにか?

それは高校数学の学習の仕方です。 算数、中学数学と高校数学では、効率のよい学習の仕方が変わってしまうのです。

ではなぜ効率の良い学習の仕方が変わるのか?

それは中学数学から高校数学への移行で以下の変化が生じるからです。 中学数学から高校数学への変化高校数学では公式、典型問題の増加に伴い、解くために必要な暗記量が増加しました。

では、解くための暗記量が増えるとどうなるか?

公式、解き方を知っている問題は解けて、公式、解き方を知らない問題は解けなくなります。高校数学の流れまとめ

以上のことを踏まえ、高校で数学が圧倒的にできなくなる学習の仕方を挙げていきます。

高校で数学が圧倒的にできなくなる学習の仕方

最初から自力で解こうとする。

考える人

公式を覚えず、基本問題を公式に当てはめず、いきなり自分で考えて解く生徒がよくいます。 公式を覚えていれば一瞬で解ける問題に、自力で解こうとして時間を掛けてしまう。 中学数学が得意だった生徒がよくやる非効率な学習の仕方です。 中学数学では問題を解くための覚えるべき知識は少なく、知識の暗記を意識せず、その応用に時間をかけるというやり方が主流でありました。 高校数学ではもっぱら「この公式を覚えているか、使えるか」という観点から問題が出されるため、このような学習方法では時間がかかりすぎます。

応用問題を復習しない

寝る 公式を応用した問題が出されたとき、できなくてもその問題の解き方を覚えない生徒が多いです。 「この応用問題はこれっきりでもう出されない」という思いが思考の根底にあるかもしれません。試験では応用問題が出されるため、応用力をつけようと必死に応用問題を何題も時間をかけて考えつつ解くという行為に至っているかもしれません。

実は、高校数学ではそのような応用力は必要ありません。

高校数学の公式の応用問題は何回も出される「THE応用問題」であることが多いです。(定期試験レベルではほぼ100%) これも「この問題の解き方を閃けるか?」ではなく「この応用問題の解き方を知っているか?」という観点からの出題です。 その場で応用する力を使おうとせず、解き方のパターンとして覚えておき、パターンに当てはめて解くというのが得策となるのです。

短時間で点数が取れる高校数学の効率的な勉強法

以上では長時間かけても数学の点数が全然上がらない勉強方法を紹介しました。 これを踏まえて短時間で数学をそこそこの点数まで上げる効率的な勉強法をまとめました。

高校数学の効率的勉強法

たったこれだけで大幅な時間短縮ができます。

高校数学の効率のよい学習へ導く具体的な処置

上述の勉強法をより具体的にまとめました。

1,公式を覚える(わかる)

まず武器を揃えます。公式とその文字の意味を覚えてください。公式証明は飛ばしてください。

2,公式を当てはめる問題をひたすら解く(できる、ものにする)

武器の使い方に慣れます。公式に当てはめる基礎問題を慣れるまでやります。

3,応用問題では解答が思い付かなかったらすぐに解答の解き方を見る(わかる)

解き方を0から考える時間をなくし、知っている解き方に当てはめて解くことを促します。 知らない問題に足掻く時間を使わずに、解き方を理解し覚えることに時間かけます。

4,その後再び問題or類題を解きその解答を再現する(できる)

ここでは理解し覚えた解き方に当てはめて応用問題を解くことで理解し覚えた解き方を使えるようにします。   進学塾早稲田メイツでは、長時間勉強を管理・指導する環境があるため、問題に対する疑問を解消するだけでなく、上述の学習の取り組み方の意識改革によって高校数学の苦手を克服が可能となります。

The following two tabs change content below.
個別指導塾WAYS

個別指導塾WAYS

中だるみ中高一貫校生・高校生の定期テストの成績をたった90日で跳ね上げる個別指導塾。中高一貫校用教材に対応することで各中高一貫校の定期テストの点数に直結した指導を行います。低料金なので長時間指導が受けられるため、家で勉強できない中高一貫校生でも成績を上げることが出来ます。英語、数学をメインに指導を行っています。

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象

中だるみ中高一貫校生の英語の数学定期テスト対策コース 高校生定期テスト対策コース

今日の人気記事

新着記事

八雲学園中学校2年生―問題の解き直しを繰り返すことで成績アップ!
学習院中等科3年生―学校の教材だけを徹底反復して成績アップ!
桐朋中学校2年生ー勉強の習慣づけで点数アップ!
山脇学園中学校2年生―問題集を繰り返し解くことで成績アップ!
三輪田学園高等学校1年生―春期講習で基礎を固めて1学期中間で成績アップ!
桐朋高校1年生―演習時間の確保と勉強効率を上げることで成績アップ!
立教新座中学校2年生―計画的に問題集に取り組んで成績アップ!
早稲田大学高等学院中学部2年生―講師が生徒の理解度を確認し成績アップ!
立川国際中等教育学校3年生―計画を立てて勉強を進めることで成績アップ!
光塩女子学院中等科2年生―問題を選定して効率よく学習することで成績アップ!

2013年03月26日