【中高一貫】落ちこぼれから大逆転するための秘訣2選

落ちこぼれ サムネ
つらい中学受験を乗り越え、入学させることができた中高一貫校。
これで6年間は進路で困らない、とひとまず安心したかもしれません。
しかし、そんな安泰も束の間、お子さんがテストで赤点を取ってしまったと知ればどうでしょう。
保障されている進路も危うくなってしまうのでは…と考えることになります。

今回は、そのように「中高一貫校で落ちこぼれた場合」の勉強方法を紹介していきます。
実際に落ちこぼれてしまった後に、逆転して成績を上げる方法になっているので、勉強法の参考にしてください。

中高一貫校で落ちこぼれを続けるとどうなるか

落ちこぼれ いけない理由

中高一貫校で落ちこぼれることと、公立の中学高校で落ちこぼれるのでは、立ちはだかる困難が異なっています。
中高一貫校で起こり得る困難は、「深海魚になる」「進学できない」の2つです。

成績下位から上がってこない「深海魚」になる

「深海魚」とは、中高一貫校における成績下位層を指す俗語です。
深海魚と呼ばれる由来は、入学後に勉強しなくなり成績を下げた生徒が、底に沈んでなかなか上がってこない様子にあります。
中高一貫校の『深海魚』とは?

深海魚になると、6年間その状態が続く危険性があります。
なぜなら、現状を変える機会となる環境の変化が起こらないからです。

公立中学生の場合、高校入試があります。
入試対策を始める必要性があるため、塾に通い始める人も中にはいます。
もう一つ、公立の学校にしか起こらないのが、中学から高校への進学に伴う、人間関係や場所の変化です。
この変化により、落ちこぼれ状態をリセットする機会があります。

しかし中高一貫校では、環境の変化がなく、落ちこぼれから脱するという契機自体がないのです。

退学させられる「肩たたき」にあう

学校によっては「肩たたき」、すなわち退学を推奨される場合があります。
「定期テストで〇点以下を取る」のような条件を満たせないと、せっかく入試を通った学校からドロップアウトさせられるようです。

同様に、成績が振るわないと、高校や附属の大学に進学できないという場合もあるようです。
学校の公式サイトや先生を通して、進学の条件を確認しておきましょう。

落ちこぼれから逆転する秘訣

落ちこぼれ 秘訣
以上から、落ちこぼれたままだとどうなるかの危険性がわかったと思います。
問題になるのは、落ちこぼれた状態を続けてしまうことです。
しかし、勉強法を工夫すれば、落ちこぼれた状態を脱することができます。

ここからは、すでに落ちこぼれた人が逆転できる勉強法を紹介します。
逆転の秘訣は、「目標を立てる」「環境を変える」の2つです。

目標を立てる

逆転するには、まずは子どもに勉強を始めさせる必要があります。
子どもが勉強しない理由の一つに、勉強によって何が変わるかがわからない、というものがあります。
仮に「大学受験のため」や「就職のため」と言っても、子どもにとっては先の話で実感に乏しいでしょう。

そこで、一週間ごとの目標を立てることをおすすめします。
「授業の復習を毎日1時間」「小テストで満点」など、短期間で達成できる目標を、お子さんと一緒に設定しましょう。
目標によって、「勉強する意味」を実感できるようになります。

また、目標を達成することで、達成感を得られます。
達成感が学習意欲につながるため、次からの勉強のモチベーションアップが可能です。(※)

(※参考:周建中『達成感を味わってもらうことによって学生の学ぶ意欲を引き出す試み』)

環境を変える

中高一貫校では、6年間環境が大きく変わりません。
しかし、それは学校という環境に限った話です。

中高一貫校生が環境を変える場合、塾や予備校が最もおすすめです。
新たな勉強場所に身を置くことで、勉強を始めるきっかけを作ります。

成績が良くない場合は、集団塾よりも個別指導塾の方が適しています。
中高一貫校で落ちこぼれる理由の一つが、授業の進度です。
中高一貫校は大学受験に合わせたカリキュラムになっている場合があり、公立の学校に比べて授業の進度が早い傾向があります。
そのスピードについていけなくなった子が、授業についていけず、テストでも悪い点を取ってしまうのです。

しかし、個別指導塾で行われる指導は、生徒一人ひとりに合わせたスピードです。
そのため、中高一貫校の授業についていけなかった子でも、授業や教科書の内容を理解できます。

合わせて読みたい

個別と集団どっちが良いの?中高一貫校生の塾選び

塾以外でも、図書館や飲食店などの勉強場所があります。
勉強場所については、以下の記事で紹介しているので、併せて参照してください。
無料・有料別!おすすめの勉強場所は?【中学生・高校生】

まとめ

中高一貫校生が落ちこぼれてしまった場合、以下のような解決策が考えられます。

  • 目標を立てる
  • 環境を変える

落ちこぼれたまま何もしないと、深海魚と呼ばれ、退学処分を告げられる恐れがあります。
そんな中で、上記の2つを実践すれば、落ちこぼれから逆転することも不可能ではありません。
ぜひ、お子さんと話しあってみてください。

なお、中高一貫校専門 個別指導塾WAYSでは、中高一貫校生向けの指導を行っています。
90日間でテストの点数を跳ね上げます!

定期テスト対策コース

The following two tabs change content below.

個別指導塾WAYS

中だるみ中高一貫校生・高校生の定期テストの成績をたった90日で跳ね上げる個別指導塾。中高一貫校用教材に対応することで各中高一貫校の定期テストの点数に直結した指導を行います。低料金なので長時間指導が受けられるため、家で勉強できない中高一貫校生でも成績を上げることが出来ます。英語、数学をメインに指導を行っています。

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象

あなたにぴったりな記事10選

今日の人気記事

新着記事

2022年07月02日 中高一貫校生の大学受験対策は予備校一択!?受験必勝の塾選びとは 2022年06月30日 中高一貫校生に補習塾は効果がある?中堅・中だるみ層が補習塾へ行くべき理由 2022年06月27日 【目的別】中高一貫校生の予備校・個別指導塾の賢い選び方! 2022年06月24日 『数BEKI』は難しい?特徴とやり方を理解して点数を上げよう! 2022年06月21日 中高一貫校生に合った個別指導塾とは?成績UPさせる塾選びの方法 2022年06月20日 栄東中学2年生―徹底した反復と理系講師の指導で成績アップ! 2022年06月18日 勉強の仕方がわからないと感じたら?おすすめの勉強法4ステップ 2022年06月17日 淑徳与野中学校2年生―30分間の解き直しの時間で満点をとることで成績アップ! 2022年06月16日 【新常識】定期テスト解き直しのやり方!復習で差をつける最適解をご紹介 2022年06月15日 大阪星光学院中学3年生―aim@の活用と生活を区切ることで成績アップ!

ブログを検索する

キーワード・学校名などを
入力してください。

トップページに戻る


指導コース紹介


トップページに戻る