問題を何度も解き直して得点アップ 青山学院中等部1年生

問題を何度も解き直して得点アップ 青山学院中等部1年生

今回は青山学院中等部の成績アップ事例について紹介したいと思います。

この生徒は11月に入塾したのですが、前回の中間テストで英語が36点、数学が38点という状況でした。

その後、当塾に入塾して勉強法を実践した結果、わずか1カ月で英語が64点、数学も64点と平均点を超える得点をとりました。

では、その勉強法を紹介いたします。

入塾時の生徒の勉強方法

青山学院は英語では学校独自の冊子を使って授業をしているため、基本的にはその冊子を勉強することが必要です。

ただ、この生徒の場合は答え合わせの仕方が雑だったため、答えを写していなかったり、間違えた答えを写したりしていました。

数学でも問題集やプリント等を答え合わせをする際に、間違ったまま丸を付けてしまうようなことも見受けられました。

そのため、問題を正確に解けるようにになってない状態で先に進んでしまうので、基礎が安定せずにテストの点数も伸び悩んでいました。

正確な答え合わせと解き直すことで問題を解ける状態に

当塾では、冊子の答えや問題集の答え合わせのときに、それらが正しいのか確認して間違った理解をして先に進んでしまわないようにしました。

また、学校の授業でも必ず答えあわせを正確にやってくるように注意しました。

そして、答え合わせが安定してきたので効率よく苦手な問題を解くことが出来るようになって勉強もはかどりました。

英語に関しては、冊子の間違えた問題を答えを隠して繰り返し解き直していきました。

数学でも、問題集やプリントの問題を出来るようになるまで何度も繰り返し解き直していきました。

基本問題のミスが減って得点アップ

このような勉強方法を行った結果、英語でも数学でも20点以上の得点アップをすることが出来ました。

点数を上げて平均点を取れたことで本人もこの勉強法を進んで取り組むようになっています。

今回のテストでは、基本問題のミスが大きく減ったことが得点アップにつながりました。

今までは間違ったまま覚えていたものを当塾で正していくことで正確なものにしていって、それが結果に如実に表れました。

今後の目標

今後はさらに得点を伸ばしていくためにも、苦手の克服や難易度のやや高い問題にも挑戦していく必要があります。

この生徒は、冬期講習で今までの定期テストの総復習や宿題の問題集を繰り返し解いて、苦手な問題や理解できていなかったやや難しい問題を解ける状態にしていきました。

三学期からもこの勉強法を実践して、さらに高得点を獲得できるようにサポートしていきたいと思っています。

The following two tabs change content below.
田中 裕喜

田中 裕喜

個別指導塾WAYS 池袋教室 講師 学習塾で5教科幅広く指導した経験をいかし、渋谷教室の室長を務める。「継続は力なり」を信条に、正しい努力を続けていくことで成績が上がることを多くの中高一貫校生に実感させている。

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象

中だるみ中高一貫校生の英語の数学定期テスト対策コース 高校生定期テスト対策コース

今日の人気記事

新着記事

高輪中学校3年生―定期テスト対策プリントをマスターして成績アップ!
攻玉社中学校1年生―キーポイントの高速暗唱で成績アップ!
法政大学高校2年生―学習習慣の定着で成績アップ!
攻玉社高校2年生ー問題に印をつけ、解き直しをすることで成績アップ
明治大学付属中野中学校1年生ー演習量を確保して数学の点数アップ!
星美学園高校2年生ー毎週配布されるプリントを徹底的に繰り返して成績アップ!
7月23日より夏期講習開始!
城北中学校1年生―文字を丁寧に書いて計算過程を見やすくすることで成績アップ!
海城高校1年生―計画的に学習を進めて成績アップ!
大妻中野高校1年生―演習量の確保と効率的な学習で成績アップ!

2016年01月19日