プリント対策で一番下から一番上の数学クラスへ!-昭和女子中学校2年生

昭和女子 成績アップ事例

今回は昭和女子大附属中学校の成績アップ事例について紹介したいと思います。

昭和女子大附属中学校は数学が習熟度別に3クラスに分かれています。この生徒は数学が苦手で1年生の時は一番下のクラスで学年末テストでは代数が34点でした。

しかし、春休みに当塾に入ってから中間テストではほぼ平均点の67点(数学)で真ん中のクラスに上がり、さらに期末テストでは代数69点幾何68点と平均点を20点近く上回る結果を出して、見事一番上のクラスまで上がることが出来ました。

なぜ、このような成績アップが出来たかというと、それは今までの勉強方法が不十分なものだったからです。

入塾時の生徒の勉強方法

この生徒は、塾に入るまではテキストやプリントを解けるもののみ一度解いて、解けないものはそのままにして学校で解説を聞いているだけでした。そのため、テストで同じような問題が出ても解けないということが多かったです。

昭和女子大附属中学校のテストは、学校で配布されているプリントと問題集をしっかり解けるようにすれば得点がとれるものなので、まずは学校の授業を理解することから始めていきました。

配布されるプリントを中心にテスト対策

最初は真ん中のクラスに上がることを目指して平均点をとる目標を立てました。そこで学校で毎週配布される週末プリントの問題は必ず解けるように、テスト前までに一通りのプリントを3周させてテストに臨めるようにしました。

また、それとは別に完成ノートというものがあるので、それも間違えた問題を繰り返し解くことでテスト対策をしていきました。

テスト結果

最初の中間テストではクラスが習熟度別なため、授業で扱っていない問題が多く出てしまいました。それでも中間テストではほぼ平均点をとることで真ん中のクラスに上がりました。

中間テスト後もプリント、問題集を繰り返しやることで期末テストでは大幅に平均点を超えることで一番上のクラスに上がりました。

クラスが上がるにつれ扱う問題の難易度などにも変化があり高度な問題もありますが、そのような問題も塾で解けるようになることで授業にもついていけています。

成績アップ後

本人も一番上のクラスに上がれたときは、信じられないというような気持ちと共に不安な気持ちもあったようですが、塾でやってきた勉強方法が間違っていないことを実感して、一番上のクラスでも意欲的に学習に取り組んでいます。

得点としては30点以上アップしたわけですが、まだ満足はしていません。これからのテストでもさらに得点を伸ばしてクラスを維持できるように指導していきます。クラスの中でも上位になれるよう最大限のバックアップをしていきます。

もし、勉強方法で悩んでいる方がいたら、個別指導塾WAYSで一緒に頑張って皆さんも成績アップを体験しましょう!

The following two tabs change content below.
田中 裕喜

田中 裕喜

個別指導塾WAYS 池袋教室 講師 学習塾で5教科幅広く指導した経験をいかし、渋谷教室の室長を務める。「継続は力なり」を信条に、正しい努力を続けていくことで成績が上がることを多くの中高一貫校生に実感させている。

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象

中だるみ中高一貫校生の英語の数学定期テスト対策コース 高校生定期テスト対策コース

今日の人気記事

新着記事

学習院中等科1年生―学習習慣の定着で成績アップ!
成城中学校3年生―効率よく、そして問題集をしっかり解きこむことで成績アップ!
光塩女子学院中等科3年生―丁寧に解き直しを行うことで成績アップ!
獨協高校1年生―薄く広く基礎を復習することで成績アップ!
成城中学校1年生―勉強量の確保と短期目標の積み重ねで成績アップ!
攻玉社中学校1年生―解き直しの徹底で成績アップ!
東京都市大学等々力中学校3年生―先手のテスト対策で成績アップ!
横浜雙葉中学校3年生―WAYSの勉強法をしっかり身につけて成績アップ!
攻玉社中学校2年生―問題集を2周解いて成績アップ!
立教新座中学校2年生―余裕を持ってテストに臨めるようになって成績アップ!

2015年11月05日