教育方針と取り組み

東洋英和女子院中学部は、カナダ・メソジスト教会夫人伝導会社から派遣された宣教師ミス・カートメルによって開設された私立学校で、設立当初より「敬神奉仕」を基にしたキリスト教教育が行われてきています。

中高一貫教育をおこなっているため、6年間でひとまとまりとなるカリキュラムを組み、中学2年までの英語、数学等の基礎の教育行程が終了すると、習熟度別の授業が行われ、高校2年からは受験を目指した勉強を行うといった取組を行っています。

中高6年を通して、週に1度聖書の授業があり、総合的な学習の時間において社会奉仕や隣人との関係等についての教育も行われております。さらに、クラブ活動、野外教育、音楽活動も熱心で、語学研修・キャンプ・奉仕活動といった様々なカリキュラムが用意されています。

私立東洋英和女子院中学・高校部の英語について

もともとがカナダの宣教師により設立された学校であり、村岡花子のような翻訳家を輩出した学校だけに、英語教育は特に熱心に行われています。

約20名の少人数で行われる授業では、英単語の習得のために電子辞書を利用することを許可するかわりに長文を自宅学習で読んできて、他の生徒や先生と英会話によるディスカッションや質疑を行うことでスピーキングとリスニング能力を上げる取組を行っています。

さらに、カリキュラムが進むとネイティブの先生による授業が行われるようになり、英語の小説等を一緒に読み進めることで、英文法の習得だけでなく、その国の文化や考え方、風習をも理解しようとする教育が行われます。

また、英語の授業と独立して英会話の授業が週に1から2回組まれており、中3になると希望者は、課外授業として英会話を学ぶこともできるようになっています。

私立東洋英和女子院中学・高校部の数学について

東洋英和女子院中学部は高い教育を目指しており、数学のカリキュラムも6年をひとまとまりとして組んでいます。

一年次(中一)は計算や数式を中心とした代数と図形や空間を中心とした幾何に分け基礎的な授業を行い、二年次(中二)からは20名という少人数クラスでの学習を開始していきます。三年次(中三)になると、基礎課程を修了し、習熟度別の授業に移りさらにきめ細かい内容の学習を進めていきます。

三年次には、高校で習う内容の学習も先取りし、6年間の最後の2年を大学受験を標榜した進路学習に十分にあてられるようにカリキュラムを組んでいます。また、三年次から数学の授業時間も週に1時間増やし、学習時間の充実も図っております。

The following two tabs change content below.
個別指導塾WAYS

個別指導塾WAYS

中だるみ中高一貫校生・高校生の定期テストの成績をたった90日で跳ね上げる個別指導塾。中高一貫校用教材に対応することで各中高一貫校の定期テストの点数に直結した指導を行います。低料金なので長時間指導が受けられるため、家で勉強できない中高一貫校生でも成績を上げることが出来ます。英語、数学をメインに指導を行っています。

コース紹介 中高一貫校生・高校生対象

中だるみ中高一貫校生の英語の数学定期テスト対策コース 高校生定期テスト対策コース

今日の人気記事

新着記事

芝浦工業大学附属中学校3年生―勉強習慣を身につけることで成績アップ!
山脇学園高校2年生―問題集を繰り返すことで成績アップ!
明治大学付属中野高校2年生―塾で集中して暗記に取り組むことで成績アップ!
工学院大学附属高校2年生―テスト分析と教材の2周演習で継続的な成績アップ!
5月7日より「英検」対策講座開始!
実践女子学園中学校3年生―「素早く解く→解き直す」のサイクルで成績アップ!
田園調布学園中等部3年生―解き直しの徹底で成績アップ!
大妻高校1年生―勉強方法を見直すことで成績アップ!
富士見丘中学校2年生―理解と演習で英語の点数アップ!
早稲田大学高等学院中学部1年生―学習時間の確保で成績アップ!

2015年07月17日